竹の水仙~桂歌丸・柳家小さん・京山幸枝若



名工左甚五郎 神奈川の宿

竹の水仙~桂歌丸

三井越後屋より大黒の製作を依頼された左甚五郎。
代金を百両と決めて手付に三十両をもらい、いつ頃できるかわからないので出来れば知らせると言って使いを帰します。

懐はあたたかく京も飽きたので江戸へでも行ってみるかと東へ。あっちで遊びこっちに寄り道をして一文無しで神奈川の宿。

ある宿屋の主人に声をかけられ、しばらくの間やっかいになりたい。一日に三升の酒、うまい魚をどんどんほしい、代金はまとめてでかまわないかと聞いてこの宿屋に入ります。

毎日の贅沢な飲み食いに宿の食材も底をついたとおかみが主人に愚痴をこぼし、主人は仕方なく勘定を催促に向かい、一文無しだとわかってしまいます。

覚書

三井の大黒」の前日譚で、三井越後屋から大黒彫刻の依頼を受けるところから始まります。

竹は六十年あるいは百二十年に一度花が咲き、根がつながっている竹が一斉に花を咲かせて藪ごと枯れてしまいます。このため竹の花を見ると不吉なことがある、寿命が縮まるという風説があり、サゲの「竹に花を咲かせると寿命が縮まる」というのもこれにかけたものです。

竹の水仙~柳家小さん

竹の水仙【浪曲】~京山幸枝若


たまには浪曲もいいですね。

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





1件の返信

  1. 06/14

    […] 作を頼まれて江戸へ出かける途中、神奈川の宿で一文無しになって宿屋で居続けをする『竹の水仙』、江戸に入って大工政五郎の世話になる『三井の大黒』、仙台の宿では自分の宿屋を […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です