睨み返し~柳家小三治・柳屋小さん・三笑亭可楽【動画】





お笑い・漫才芸人列伝NEW!!
古今東西のお笑い・漫才芸人の貴重な映像・音声を集積。
明治・大正・昭和・平成・令和の数々の芸人を、映像と音声で紹介します。



大晦日、箱提灯は恐くなし

睨み返し~柳家小三治【動画】

「大晦日、箱提灯は恐くなし」で、この日だけは侍より弓張り提灯を持った掛取りの方が怖かった。

長屋の熊五郎、金策ができず女房に「どうすんだよ」と責め立てられているところへ薪屋がやってきます。

熊五郎が「払えない」と言うと薪屋は「払うまで帰らない」

「それなら俺も、払うまではお前を帰さねえ。ただし、3月待て。飯は出さねえが、葬式は出してやる」

薪屋が慌てて「今日は勘定をもらったつもりで帰る」と言うと、「なら受け取りを出せ」「釣りを出せ」と熊五郎。薪屋は退散します。

まだ続々と来る予定の掛取りをどうしようかと思っていたところへ、
「え~、借金の言い訳ぇ~、しましょ~う。え~、借金の言い訳ぇ~、しましょ~う」と売り声が聞こえます。

男を呼んで話を聞くと「1時間に2円の手間で、掛取りを追い返します」と言う。夫婦は金を渡して仕事を頼みます。

覚書

睨む所作が見どころの「見る落語」です。映像があってよかった。

もともと上方落語でしたが、三代目の柳家小さんが四代目桂文吾に習って東京へ写し、可楽を経て五代目小さんが得意としました。

逆に上方では演者がなく廃れてしまっています。

睨み返し~柳屋小さん【動画】

睨み返し~三笑亭可楽

こちらも合わせてたっぷりどうぞ