町内の若い衆~古今亭菊之丞・古今亭志ん生・三遊亭圓楽・柳家権太楼



町内の若い衆のおかげです

町内の若い衆~古今亭菊之丞

ある職人の男が、大将のところを訪ねますと、応対に出たおかみさんがお茶を出し、生憎寄り合いにでかけて留守だと言います。

男はいつも家の中をきれいにしてらっしゃる、大将も働き者だと茶話をしていますと庭のほうで工事の音がする。何ですかと聞くと茶室を建てていると言います。

男は「この不景気に建て増しをするとは、おたくの大将は大した働き者ですね」とほめると、おかみさんは「町内の若い衆が、寄ってたかってこしらえてくれたようなものです」と謙遜します。


男は、俺もその若い衆の一人、ああいうふうに言われると大将に呼ばれたら一番に駆けつけようっていう気持ちになる。ああいうふうに言えるもんじゃないと感心しながら、それに引き換えうちの女房は・・うちの女房もこういうことが言えれば大したもんなんだがと思いながら家に戻ります。

覚書

笑話本『枝珊瑚珠』(元禄三年 1690年)の「人の情」が原典で、以来現在に至るまで筋はそのまま継承されています。

町内の若い衆~古今亭志ん生


昭和十年頃七代目馬生を名乗っていた時の録音で「氏子中」の題ですが内容は「町内の若い衆」です。

当時はまだ「氏子中」は禁演落語の指定がされてはいなかったものの、時代への遠慮でサゲは「育ててくれる」で興を削ぐものになっています。

ちなみに「氏子中」は「町内の若い衆」の類話のバレ噺で、

《与太郎が一年半ぶりに旅から帰ると女房は臨月近く。女房は子供ができるように神田明神へ日参していたからなどと言っている。

親分に相談すると、子供が生まれたら荒神様のお神酒で胞衣を洗うと相手の男の紋が浮き出る。出産祝いの席でその紋の羽織を着ている男がいるはずだ。お前には新しい女房を見つけてやるから女房と赤ん坊をそいつにくれてやれ。

与太郎がお七夜の席で胞衣を洗うと「神田明神」の文字。女房が自分の言った通りだろうと言うとその後ろに「氏子中」》

町内の若い衆~三遊亭圓楽

町内の若い衆~柳家権太楼

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です