猿後家~立川志の輔・桂文枝・柳家小三治・古今亭菊六



おかみさんは今、機嫌がいいかい

猿後家~立川志の輔

ある大きな商家の後家、顔が猿に似ており、近所の人に「猿後家」などと言われるのを気にして、店の奥に閉じこもる毎日を送っています。

店では「サル」は禁句でうっかり言ってしまうと首になってしまいますのでこれだけは言わないようにと気をつけております。

ここに久しぶりにやってきた貸本屋の源さん。女房の親を江戸見物させて金が無くなった。少し金を貸してくれないかと番頭に頼みます。

番頭は、自分も奉公の身だ。おかみさんに頼んだらどうかと言い、源さんはそれもそうだと、おかみさんは今機嫌がいいかと聞きますと、すごく悪いと言う。

三日前、出入りの植木屋がおかみに泉水の脇に何か木を植えたいと言われて『さるすべり』がよいと言ってしまい、平伏して謝ったが、怒ったおかみは植木屋の顔をキセルで打った。植木屋が逆上して「今度は柿の木を植えてやるから木に登っておにぎりでも食ってろ」と言い捨てて出ていった。

それから三日泣き通しだったが今日は少し落ち着いたみたいだから、ここでお前さんがおかみさんの機嫌を直してやれば小遣いも余計にもらえるだろう。

奥の間に乗り込んで行った源さん、親戚の京美人と間違えた、素顔なのにきれいな化粧をしている、と持ち上げておかみさんは大喜び。

鰻を頼めお酒を持って来いと女中に言いつけて、しばらく顔を見せなかった理由を聞くおかみ。

源さん、東京見物に来た両親を案内していたと答えて、皇居、日比谷から銀ブラ、天丼の特上をご馳走して、泉岳寺、靖国神社、上野、浅草と回ると黒山のひとだかり。見ると猿回し・・

覚書

古い上方落語を昭和の始めに東京へ移して同じ「猿後家」で演じられます。

演者によってサゲに工夫があり、気の抜けない落語です。

猿後家~桂文枝


上方では伊勢参りの道中、奈良名所をならべたてるところで「猿沢の池」と言ってしまいます。

サゲは楊貴妃を言い間違えて・・。

猿後家~柳家小三治

猿後家~古今亭菊六

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください