浮世床~三遊亭金馬・露乃五郎・三遊亭圓生・三遊亭圓遊





NEW!!お笑い・漫才芸人列伝
古今東西のお笑い・漫才芸人の貴重な映像・音声を集積。
明治から戦前のお笑いを支えた漫才、音曲の数々、70年代の演芸ブーム、80年代の漫才ブームから現在に至る数々の芸人を、映像と音声で紹介します。

明治・大正・昭和初期(エンタツ・アチャコ、ミスワカナ・玉松一郎、砂川捨丸・中村春代他)
昭和中期~後期(いとし・こいし、ダイマル・ラケット、やすし・きよし他 追加中)
平成~令和(鋭意準備中!)


浮世床~三遊亭金馬


昔の床屋というのは若い者のたまり場で、将棋盤、碁盤、貸本など遊び道具には事欠かず退屈はしませんでした。

ある床屋に今日も男達が集まっています。

仁さんが講釈本を読んでいるのを皆に聞かせてくれと言い、声出すと気が散ると言うのを無理に読んでもらいますが、しどろもどろ。

向こうでは将棋が始まっています。駒の並べ方もままならず、対戦が始まってしばらく、盤を見ると既に王将はありません。

覚書

昔の床屋の風景を切り取ったような落語です。

世間話をしている者、天井の節穴を数えている者、将棋を指す者、床屋に来ているのにヒゲを抜いている者など本当に皆の憩いの場になっている様子が伺えます。

浮世床~露乃五郎


露の五郎兵衛になる前、露乃五郎の時の録音のようです。

こちらの将棋では王が二つともなく、一つは相手が懐に隠しています。

浮世床~三遊亭圓生

浮世床~三遊亭圓遊

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください