洒落小町(口合小町)~三遊亭圓生・桂米朝・立川談志



ありゃあ 命を削るカンナだね

洒落小町~三遊亭圓生

近所でガチャガチャのお松とあだ名のついている騒がしい女房がご隠居のところへやって参ります。

亭主が近頃穴っぱいり(浮気)をして帰って来ない、あの野郎には愛想もこそも尽き果てた、タヌキ野郎、モグラ野郎と言いたい放題。

隠居が、別れるという腹で相談に来たのかと聞きますと、そうもいかないと言う。

隠居は、昔、在原業平という人に井筒姫という妻があったが、毎晩河内の生駒姫の所に通い、奥方は嫌な顔一つしなかった。

ある嵐の晩、業平が外出しかねていると、こういう晩に行かなければ男は不実と思われますからどうぞお出かけくださいと言って蓑笠を出して送り出す。

業平もこれは少しおかしい、家内のほうにも何かあるに違いないと思って、しばらく庭先に忍んで様子を伺っておりますと、縁側の戸が開き、井筒姫が琴を弾きながら『風吹けば沖津白波立田山 夜半にや君が一人越ゆらん』
と詠んで亭主の無事を祈った。

それに感じて業平は河内通いをやめ、井筒姫と仲良く暮らしたという故事がある。

お前も亭主が帰ったらお帰りなさいと挨拶をし、洒落のひとつでも言っていれば穴っぱいりも止むだろうと教えます。

覚書

初代の桂文治作「口合小町」を東京に移して「洒落小町」。
口合は”くっちぁい”と読み、駄洒落のことを言う古い地口言葉です。

口合小町~桂米朝

洒落小町~立川談志

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です