泣き塩~古今亭志ん生・桂米朝



往来で泣く若い男女を見た焼き塩屋は

泣き塩(焼き塩)~古今亭志ん生

往来を歩いていた侍が、お花という若い娘に呼びとめられます。

娘は、女中奉公をしていますが故郷の母親が身体を悪くしたとのことで心配をしているところへこの手紙が届いた。私は字を読めませんのでこの手紙を読んでいただきたい。

手紙に目を通した侍は、「ああ残念だ。手遅れであるぞ。口惜しい、無念だ」と泣きはじめます。
お花も母親が死んだものと思い泣き出してしまいます。

そこへ通りかかった焼き塩売り。若い男女がなさぬ仲で前途を悲観して無分別なことをするのではと心配して、これまた泣きながら二人を諭しはじめます。

泣き塩(焼き塩)~桂米朝


こちらも合わせてたっぷりどうぞ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です