恨み酒~桂南光・桂枝雀



恨み酒~桂南光

大阪のミナミ、阪町あたりの小料理屋さんの表に、昼間から一杯機嫌の男がやってきます。

「ちょっとごめん、大将、一杯呑ましてもらえますかいなぁ?」

と声をかけますと、主人は「まだ支度中でございまして、小一時間ほどしたらまた起こしいただければ」と言いますが、

男はこの店は初めてではなく、ずいぶん前に一度来たが、お酒も肴も美味しかったのでと頼みますと、主人は、それでございましたら、バタバタしていますがお酒くらいなら出せますので、よろしかったらどうぞと中へ招き入れます。

男は、酒を頼み「大将、ちょっと聞ぃてもらいたい。」と手を止めさせていろんな話を始め、酩酊するに従ってからんでいきます。

覚書

放送作家、エッセイストの織田正吉原作の「うらみ酒」を、桂枝雀が落語に直して1974年に口演、弟子の南光が引き継いでいます。

話題は演者や時期によって異なり、枝雀で4種類、南光で3種類の口演が残っています。

恨み酒~桂枝雀


こちらも合わせてたっぷりどうぞ