心のともしび~三遊亭圓生



無筆の町人が読み書きを字を覚えたい理由とは

心のともしび~三遊亭圓生


昔、大正の頃までは読み書きが全くできない人もおりました。

長屋で傘張りをしている浪人のもとに、今日も羅宇屋の源六がが来て字を教えてくれとい言います。

一向に覚えない町人に短気な浪人は「これまで何度も教えたがお前は覚えが悪いのであきらめろ」と断りますが町人にはどうしても字を覚えたい理由がありました。

覚書

宇野信夫氏作の人情噺で、サゲは圓生が考えたものです。

無筆を扱った落語には「無筆の手紙」「三人無筆(向う付け)」などがありますが、いずれも無筆というのが死語になりつつあり、高座でもほぼ聞かれなくなりました。

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です