半分垢~古今亭志ん生・橘家圓喬(四代目)





お笑い・漫才芸人列伝NEW!!
古今東西のお笑い・漫才芸人の貴重な映像・音声を集積。
明治・大正・昭和・平成・令和の数々の芸人を、映像と音声で紹介します。



話は内輪内輪にするものだ

半分垢~古今亭志ん生

ある江戸の関取が、上方へ修行に行きましてひさしぶりに江戸に帰ってきます。

贔屓の客が家を訪ねてきますが、おかみさんに寝ていると聞いて、起こさなくていい、巡業でさぞ大きくなっただろうと聞きますと、おかみさんは、大きくなりました、戸口から入れず格子をはずして這って家に入ってもらった。

顔は樽のよう、目は炭団のよう、布団を二十枚並べてまだ足が出る、道中で牛を三匹踏み殺したと言います。

客が帰ったあと、関取が二階から降りてきてそんな大きなことをいうものではない、何でも内輪内輪に言うものだ。女房が主人を褒めるほどみっともないものはないと怒ります。
また他の贔屓が来て、皆を連れてくると言う。

関取は、今度は大きなことを言うなと言い、東海道の三島の宿の話をはじめます。

朝、窓を開けて見事な富士にみとれていると女中が入ってきたので、毎日富士を眺められて幸せ者だなと言い、自分の住むところのものを褒められてこの女中がどういう挨拶をするかと思っていると、朝晩見ているとさほどではないと答えます。

改めて富士を見ると余計大きく立派に見えたので、ずいぶん大きいじゃないか、見上げるようだと言うと、女中は、「いいえ、半分は雪でございます」と答えた。それを聞いたらなお富士の山が大きく見えた。なんでも内輪内輪に話さなければいけないよ、と女房に教えます。

皆が家に来て「関取は大きくなったらしいな」と聞きますと、女房はさきほどとは反対に小さい小さいと言う。

奥で聞いていた関取、可笑しくてたまらず外に出てきます。

覚書

別題「垢相撲」。
江戸小咄を仕立てたもので、上方では大阪の関取が江戸へ修行に行って帰ってきた話になりますが、東西ともあまり演り手がありません。

話は内輪にと言いますが、確かに料理店などでも「ここはものすごくおいしい」と言われて行ったがさほどでもなかったというのはよくある話です。

相撲の咄 半分垢~橘家圓喬(四代目)


わずか二分ですが、明治の名人四代目橘家圓喬の貴重な口演です。

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください