人情八百屋~立川談志・立川志らく・宝井琴調【動画】





お笑い・漫才芸人列伝NEW!!
古今東西のお笑い・漫才芸人の貴重な映像・音声を集積。
明治・大正・昭和・平成・令和の数々の芸人を、映像と音声で紹介します。



人情八百屋~立川談志【動画】

日本橋茅場町で棒手振り八百屋を営む平助は、7日ほど前、霊岸島の裏長屋で、茄子を五つだけ分けて欲しいというおかみさんに茄子を渡すと、子供が出てきてその茄子を生のままかじりだした。

聞くと、「亭主が三年越しの患いで、食べる物にも事欠くありさま。お恥ずかしい所をお見せしました」とポロリと涙を流した。

平助はその日の売り上げの三百文と弁当をあげて帰ってきたが、この一件が気になっており、あの一家はどうなったろうと女房に話すと「今日は仕事も休みだし、有り金全部持って行ってきな」と送り出されます。

家に着くと貸家札が貼ってあり、近所の者に聞くと「源兵衛夫婦は二人とも死んで、子供達は奥の鳶の鉄五郎の家に居る」という。

鉄五郎宅を訪ねるておかみさんに先日の一件を話すと、会いたかったから上がれと勧められます。

聞けば、その晩は久しぶりのお金で夕飯を食べようと喜んでいたが、そこに表通りで質屋をしている因業大家が現れ、「金が入ったのなら家賃を入れろ」と、三百文全部をひったくるようにして持って行った。

子供二人を表に遊びに出して、奥さんは梁に首を吊り、亭主は舌をかみ切って死んでしまったのだという。

うちの亭主の鉄五郎が帰ってきて、その話を聞くと、鳶口を持って大家の家を片っ端から壊しにかかった。長屋の連中も加わって一緒になって暴れ、役人が飛んできたが、事情はよく知っているので「静まれ静まれ」と言うだけで手出しはしなかったのだと話します。

覚書

談志が春日清鶴の浪曲「伊勢の初旅」の一遍「人情八百屋」を落語に直した噺です。

唐茄子屋政談」を思い出す方がほとんどだと思いますが、落とし噺になっています。

サゲは「俺は火消しだ。しつけは出来ない」で、江戸っ子は「ひ」の発音が「し」になるのを知らないとわからない。

そういえば、ある師匠に「しびやへ行け」と言われた弟子が、渋谷だと思って行ったら日比谷だったという話もありましたなぁ。

人情八百屋~立川志らく


こちらも合わせてたっぷりどうぞ