カラオケ病院~春風亭柳昇・昔昔亭桃太郎【動画】





お笑い・漫才芸人列伝NEW!!
古今東西のお笑い・漫才芸人の貴重な映像・音声を集積。
明治・大正・昭和・平成・令和の数々の芸人を、映像と音声で紹介します。



カラオケ病院~春風亭柳昇【動画】

とある総合病院で、患者が減ってどうしようかと経営会議が開かれます。

しかし、急なことで4人ほど欠席だという。内科の内藤先生は、成田不動で持病の腰痛の祈願、外科の外山先生は料理教室、同じく外科の桐野先は自分に麻酔を試して夜八時にならないと起きてこない、耳鼻咽喉科の耳野先生は、別の病院に入院した息子の看病で不在。なんで我が病院に入院させないんだと院長が聞くと「大事な一人息子だから」。

なぜ患者が来なくなったのか。夏に81人という食中毒を出したことや、病院の前に勝手に駐車する人がいるため「ここではチュウシャはできません」という看板を出したからではないか。

どうしたら患者が集まるかと議論すると、「看護婦にバニーガールの格好をさせて、待合室でビールを飲ませる」「手術などは等級をつけ三等は手術代をタダにする代わりに麻酔ナシで手術する」などの案しか出ない。

もっと現実的な案を、と出てきたのが「カラオケ道場を院内に開いて、患者さんに歌ってもらう」というものでした。

早速院内を改装してカラオケ場をオープンしますと、歌好きの患者が大勢訪れてカラオケ大会が開かれます。

覚書

柳昇作の新作落語の代表格でよく演じられました。
弟子の昔昔亭桃太郎が患者が歌う曲を一部入れ替えて引き継いでいます。

カラオケ病院~昔昔亭桃太郎【動画】

こちらも合わせてたっぷりどうぞ