まめだ~桂米朝他【動画】


お笑い・漫才芸人列伝NEW!!
古今東西のお笑い・漫才芸人の貴重な映像・音声を集積。
明治・大正・昭和・平成・令和の数々の芸人を、映像と音声で紹介します。



米朝の愛した落語。語るたび涙を禁じえない「まめだ」

桂米朝~まめだ

雨の日、役者の右三郎(うさぶろう)が帰宅中、傘が妙に重くなる。見上げると軽くなる。また重くなる。見上げると軽くなる。さては”まめだ”やな、と重くなった瞬間に傘を持ったままトンボ(宙返り)を切ります。「ギャッ」という声が聞こえ、まめだが逃げて行きます。

右三郎の家は、みってらさん(三津寺 大阪市中央区心斎橋筋2-7-12)の前に、「家伝・びっくり膏」という貝殻に入った膏薬屋を営んでいます。右三郎の母親がこの店をやっていますが、右三郎が家に帰ると母親が首をかしげています。聞くと、売上金が一銭足りない、なぜか銀杏の葉が一枚銭函に入っている。今日は見慣れぬ子が来て膏薬を買っていったと言います。

それから毎日その子が来ると売り上げに銀杏の葉が交じって必ず一銭足りません。

覚書

作家の三田純市氏が1966年に書き起こしたものを、米朝が推敲を重ねて同年に初演して以来、多くの落語家が演じました。新作ですが、今や古典として定着、ずっと語り続けられる噺です。米朝はこの噺を愛し「この噺を語るたびに涙が出ます」と言っていました。

サゲ以外はほぼ米朝のオリジナルと言ってよいものですので、当時多額の借金を抱えていた三田氏との交流の中、百万円という金額でサゲを買ったと言われています。

桂米紫 まめだ

四代目 桂塩鯛(桂都丸)門下。1974年生まれ。桂とんぽから都んぼ、都丸の塩鯛襲名に伴い米紫を襲名。
米朝⇒ざこば⇒塩鯛⇒米紫。

落語 まめだ ディスコグラフィ

ここではAmazonで販売されている表題の演目のおすすめCD・DVDを中心に紹介しています。上の見出しをタップするとAudible、MP3、PrimeVideoなども合わせて表示します。

桂米朝
CD

桂米朝
CD

桂米朝
CD-BOX

桂米朝
DVD-BOX

桂春之輔
CD

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





まめだ~桂米朝他【動画】” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください