ぞろぞろ~立川談志・古今亭志ん朝・三遊亭圓窓



教科書に載った落語

ぞろぞろ~立川談志【動画】

とある神社。門前の茶店の娘が「参詣人が少なくわらじ一足売れません。どうぞよろしくお願いします」とお祈りをしています。

店に帰ると父親が「ご利益なんぞないんだから」と言いますが、娘は信心していればいいことがありますと父親を諌めます。

しかし空はにわかに雨模様。晴れてても参詣人なんぞいないのだから雨になったら来るわけはない。もう店を閉めようと言っているところへ客がきてわらじを求めます。
天井に吊るして一足残っていたわらじを抜いて代金を払って帰る。

また客が来てわらじがほしい。もう売り切れだがと言うとそこにぶらさがっていると言われてこれを売る。また客が来てわらじを求めます。

覚書

「日本昔ばなし」のような味わいがあり私も好きな噺です。
小学校の教科書にも載りました。

テレビゲームをはじめ視覚から入るものに押されて、人の話を聞いて気持ちを察したり状況や場面を想像してコミュニケーションをはかるようなことが無くなってきている。「学校の教育には落語は必須科目」だと常々訴えてきた三遊亭圓窓の働きかけが功を奏したものです。すばらしい!。

しかし、その教科書に載ったのを見てふと、

《昔、江戸の浅草の観音様のうら田んぼのまん中に、小さな古びたおいなりさんがありました。》

あぁ、江戸落語では吉原田んぼの太郎稲荷が舞台だったといらぬ想像が。。

ぞろぞろ~古今亭志ん朝

ぞろぞろ~三遊亭圓窓

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です