演目一覧: 艶笑落語・艶話

返し馬(品川の豆)~古今亭志ん好

バレ噺につき十八歳未満の方はロビーでお煙草を・・ 品川の豆~古今亭志ん好 大工の兄貴分が弟分達を集め、遊びに行こうと言い出します。 大師詣りに出かけると言えば、女房も文句は言えないだろうから朝早く発って、早駕籠で川崎大師 … Continue reading

Posted in か~こ, さ~そ | Tagged | Leave a comment

故郷へ錦~桂米朝

せやさかい、これはとても人には言えん話やと 故郷へ錦~桂米朝 息子の作次郎が寝込んでいるのを心配した母親が自分の兄を呼びます。 医者の見立てによると、何か思い詰めていることがあって病気になったもので薬を浴びるほど飲んでも … Continue reading

Posted in か~こ, 桂米朝 | Tagged | Leave a comment

女御ケ島~露の五郎兵衛

バレ噺につき、例によって未成年の方はロビーでお煙草でもどうぞ 女御ケ島~露の五郎兵衛 再生できない方はこちら(Dailymotion) 上方旅噺でおなじみの喜六。 横町のご隠居の家で「万国人間の図」という絵本を見せてもら … Continue reading

Posted in な~の, 露の五郎兵衛 | Tagged , | Leave a comment

紀州飛脚(南の旅)~露の五郎兵衛

バレ噺につきお子様はロビーでお煙草でもどうぞ 紀州飛脚~露の五郎兵衛 再生できない方はこちら(Daylymotion) ある男、足の早いのを見込まれて和歌山まで飛脚を頼まれます。 この男、足が三本あろうかと見えるような大 … Continue reading

Posted in か~こ, 露の五郎兵衛 | Tagged , , , , | Leave a comment

蛙茶番~三遊亭圓生・三遊亭金馬・柳家小三治・三遊亭小遊三【動画】

「いいえ、ガマは出られません」 蛙茶番~三遊亭圓生【動画】 ある商店で店の者や出入りの商人が茶番(素人芝居)をやることになります。 演し物は天竺徳兵衛謀反譲り場。 店に舞台を拵えて準備万端ですが幕が開きません。 「役者が … Continue reading

Posted in か~こ, 三遊亭圓生, 三遊亭小遊三, 三遊亭金馬, 柳家小三治 | Tagged , , , | Leave a comment

お玉牛(堀越村)~桂春團治・桂小南・桂ざこば・桂春蝶

鎌で「うん」と言わしよった お玉牛~桂春團治【動画】 村の若い者が集まって何やら話をしています。 こういう連中が集まって話をすると言えば、村一の別嬪さん「玉ちゃん」のこと。 「お前らこないして寄ったら玉ちゃんの話してんね … Continue reading

Posted in あ~お, は~ほ, 桂ざこば, 桂子南, 桂春団治(三代目) | Tagged , , , , , | Leave a comment

宮戸川~柳家喬太郎・古今亭志ん朝・古今亭志ん生・立川談志・三遊亭円楽

宮戸川(上下)~柳家喬太郎 《上》 お花半七なれそめ 将棋に凝っている半七、今日も夜遅くまで碁会所に入り浸りで家に帰りますが家に入れてもらえません。 一方、半七の幼馴染で向かいに住むお花も友達の家で歌加留多をしていて遅く … Continue reading

Posted in ま~も, 三遊亭圓楽, 古今亭志ん朝, 古今亭志ん生, 柳家喬太郎, 立川談志 | Tagged , , , | Leave a comment

目薬~露の五郎・橘家文左衛門・春風亭小朝

このこなぐすりはみみかきにいっぱいめじりにつけべし 目薬~露の五郎【動画】 目がかすんで薬屋に行った男、薬屋に「中に効能書きが入っているのでその通りに」と薬を渡されます。 さてこの男、字は読めませんが効能書きが読めないと … Continue reading

Posted in ま~も, 春風亭小朝, 露の五郎兵衛 | Tagged , , | Leave a comment

義眼~桂枝雀・古今亭志ん生・桂文治

義眼~桂枝雀 ある男、医者に義眼を入れてもらい、どちらが新しい目かわからないと喜んでいます。 医者は、ひとつ注意があり、寝る時には目は使わないから湯飲みに水張って目の玉を漬けておくようにと教えます。 男は松島遊郭の馴染み … Continue reading

Posted in か~こ, 古今亭志ん生, 桂文治, 桂枝雀 | Tagged , , | Leave a comment

茶漬け間男(二階借り)~桂米朝・三遊亭圓生

桂米朝~茶漬け間男(二階借り) ある女房、突然お風呂へ行くと言い出して亭主がお茶漬けを食べていますが家を飛び出します。 外で待っていたのは間男。いつもは出会い茶屋に行くのですが男は財布を忘れてきたと言い、お前のところの二 … Continue reading

Posted in た~と, な~の, 三遊亭圓生, 桂米朝 | Tagged , | Leave a comment

艶笑小噺~三遊亭金馬・三遊亭円歌・桂米朝・露の五郎兵衛・林家彦六・三遊亭圓生

随談 艶笑見聞録~三遊亭金馬 金馬自身の体験や見聞きした話が語られます。 会場の笑いが半端ないですね。

Posted in あ~お, 三遊亭円歌(二代目), 三遊亭圓生, 三遊亭金馬, 林家正蔵(八代目・彦六の正蔵), 桂米朝, 露の五郎兵衛 | Tagged | Leave a comment

欣弥め~鈴々舎馬風

欣弥め~鈴々舎馬風 さるお姫様が床についておりますと、部屋の中に入ろうとする人の音が聞こえます。 誰か?、と声をかけますと 「欣弥めにございます」 「部屋に入るのはよいけれど、みだらなことをしてはならぬぞよ」 「かしこま … Continue reading

Posted in か~こ, 鈴々舎馬風 | Tagged , | Leave a comment

姫かたり~立川談志・古今亭志ん生

立川談志~姫かたり 新年の浅草観音。 西国のさる大名家のお姫様と、お付きの侍が参拝を済ませたあと、姫が急に差し込みを起こして苦しみますので、近くの医者を訪ねて診てもらいます。 医者が脈をとろうとすると、お付きの侍は「無礼 … Continue reading

Posted in は~ほ, 古今亭志ん生, 立川談志 | Tagged | Leave a comment

姫はじめ(宿屋かか)~三遊亭円歌・露の五郎兵衛

姫はじめ~三遊亭円歌 東海道袋井あたりの話。 正月の2日。ある宿屋で主人夫婦が、今日は年中行事の姫はじめの晩だ。と話しています。 古女房もこの日ばかりはうきうきとしています。 もう行灯を消そうか(店仕舞)とした頃、垢抜け … Continue reading

Posted in は~ほ, や~ん, 三遊亭円歌(二代目), 露の五郎兵衛 | Tagged , | Leave a comment

鈴振り~古今亭志ん生

鈴振り~古今亭志ん生 藤沢の遊行寺というお寺。千人からの弟子を抱える大きなお寺です。 さて、この寺では大僧正が高齢となりますが、弟子は皆19~20歳そこそこと歳が若い。 この中から次の大僧正となる者を選ぶのにどうすればよ … Continue reading

Posted in さ~そ, 古今亭志ん朝 | Tagged | Leave a comment

こちらも合わせてたっぷりどうぞ