演目一覧: 夏の落語

耳なし芳一~林家正蔵

「芳一!、ほういち!!」 耳なし芳一~林家正蔵 耳なし芳一の話をご存知ない方はいないと思いますが、小泉八雲の原文訳を改めて。

Posted in ま~も, 林家正蔵(八代目・彦六の正蔵) | Tagged , , | Leave a comment

樟脳玉~三遊亭圓生

樟脳玉に火をつけて 樟脳玉~三遊亭圓生 博打で一文無しになった八五郎、兄貴分にいい儲け話があるので手伝ってほしいと言い、戸や仏壇を閉めさせ、猫まで追い出して話し出します。

Posted in さ~そ, 三遊亭圓生 | Tagged , | Leave a comment

江戸の夢~三遊亭圓生

「つばくらめ いくとせ続く 老舗かな」 三遊亭圓生~江戸の夢 俳句に夢中の庄屋の武兵衛。 入ってきた女房が、娘のテルが奉公人の藤七を婿にしてほしいと泣いて頼んだと言います。 母親は、藤七は気立てもよく真面目に働いているも … Continue reading

Posted in あ~お, 三遊亭圓生 | Tagged , , | Leave a comment

永代橋~三遊亭圓生・林家正蔵

お前は死んだんだよ 永代橋~三遊亭圓生 家主の太兵衛と店子の武兵衛は揃っての粗忽者。 今日は深川八幡の祭礼の日で武兵衛は金を懐に、太兵衛夫婦に留守番を頼んで出かけます。 永代橋は大変な人込み。身動きができずにいると胸にど … Continue reading

Posted in あ~お, 三遊亭圓生, 林家正蔵(八代目・彦六の正蔵) | Tagged , | Leave a comment

麻のれん~古今亭志ん生

麻のれんと蚊帳を間違えて・・ 麻のれん~古今亭志ん生 按摩の杢市(もくいち)は、目の見える人なんかに負けないといつも胸を張っています。 贔屓のだんなの肩を揉み、目明きは気の毒だなど話をしているうちに夜遅くなり、旦那は泊ま … Continue reading

Posted in あ~お, 古今亭志ん生 | Tagged , | Leave a comment

真景累ヶ淵~桂歌丸

圓朝以来の「お熊の懺悔」を加えた通し7時間たっぷり 三遊亭圓生(林家正三・古今亭志ん朝)の真景累ヶ淵および各解説はこちらへ 真景累ヶ淵~桂歌丸 真景累ヶ淵 1/7「宗悦殺し」

Posted in さ~そ, 桂歌丸 | Tagged , , , , | 1 Comment

与太郎戦記~春風亭柳昇

笑いの中の壮絶な戦史 与太郎戦記~春風亭柳昇 戦時中の上海。 部下十五人を率いて貨物船に兵士を乗せ、香港までの警護を命じられた陸軍の秋本伍長は、役に立たない機関銃三丁と花火のような仕掛けの秘密兵器を持って小さくて汚い石炭 … Continue reading

Posted in や~ん, 春風亭柳昇 | Tagged , | Leave a comment

孫帰る~柳家喬太郎

泣ける創作落語 「孫帰る」 孫帰る~柳家喬太郎 夏休み。 小学生の孫 健一がおじいさんの家に遊びに行くと、おじいさんはなんと箪笥の上に乗っています。 「猫のタマがここに寝ていたから涼しいかと思って」 箪笥から降りたおじい … Continue reading

Posted in ま~も, 柳家喬太郎 | Tagged , , | Leave a comment

祇園祭(祇園会)~桂文治・古今亭志ん生・春風亭一朝

江戸っ子の京都見物 桂文治~祇園祭(祇園会) 京都見物への旅に出かけた江戸っ子。足に豆を作りながらも京都へたどり着きます。 「湯」に入りたいと近くのおかみさんに「湯」はどこにあるとか聞きますが、京の道案内は「お上がりやし … Continue reading

Posted in か~こ, 古今亭志ん生, 春風亭一朝, 桂文治 | Tagged , | Leave a comment

汲みたて~三遊亭圓生・三遊亭圓楽・古今亭志ん彌・三遊亭小遊三【動画】

あの師匠にはもうイロがいるよ 汲みたて~三遊亭圓生 若い女師匠目当てに稽古事に通う男たち。集まって師匠の話をしております。 炬燵の中で師匠の手をにぎったに向こうも握り返してくる。喜んでいたら向こうから食事をしてくれと呼ば … Continue reading

Posted in か~こ, 三遊亭圓楽, 三遊亭圓生, 三遊亭小遊三, 古今亭志ん彌 | Tagged , | Leave a comment

蚊いくさ~三遊亭圓生

蚊を追い出す方法とは 蚊いくさ~三遊亭圓生 再生できない方はちこちら(Dailymotion) 剣術に凝って仕事そっちのけで道場に通う八百屋の八五郎。 女房から子供が蚊に喰われてかわいそうだが蚊帳を質から出す金もない。剣 … Continue reading

Posted in か~こ, 三遊亭圓生 | Tagged , , | Leave a comment

鯉船~桂米朝

町の幇間 髪結い磯七 鯉船~桂米朝 回りの髪結い磯七。町内では便利屋、愛嬌者で世話好き。花代のかからない幇間のような男で町内では人気者です。 ある若旦那が東横堀に船を浮かべて網打ちに行こうというのを、磯七が橋の上から見付 … Continue reading

Posted in か~こ, 桂米朝 | Tagged , , | Leave a comment

怪談 累草紙(かさねぞうし)「親不知の場」~林家正蔵

誰やら後ろに・・ 怪談累草紙「親不知の場」~林家正蔵 堀越与右衛門 巣鴨鶏聲ヶ窪(けいせいがくぼ) 吉田監物の奥家老の堀越与左衛門の次男 与右衛門は、十一歳で越中の郷士のところへ世継ぎにやられ、そこで十年を暮らしていまし … Continue reading

Posted in か~こ, 林家正蔵(八代目・彦六の正蔵) | Tagged , , , | Leave a comment

年枝の怪談~林家正蔵・林家正雀

按摩を殺してしまった春風亭年枝 年枝の怪談~林家正蔵 明治の頃、噺家の二代目 春風亭柳枝が一座が横浜で巡業をしていたある晩。 弟子の春風亭年枝が宿屋で按摩を呼びましたが、按摩が天邪鬼で何でも逆らってくる。 年枝が柔道は免 … Continue reading

Posted in な~の, 林家正蔵(八代目・彦六の正蔵), 林家正雀 | Tagged , , , | Leave a comment

夏の医者~桂枝雀・三遊亭圓生・桂米朝【動画】

うわばみに呑まれた医者 夏の医者~桂枝雀【動画】 夏の暑い日。ある村で父親が農作業中に倒れたと叔父の家に駆け込んできます。 村には医者がおらず、息子は山を三つ越えて医者を呼びに行きます。 医者の家に着くと、医者は何か悪い … Continue reading

Posted in な~の, 三遊亭圓生, 桂枝雀, 桂米朝 | Tagged , , | Leave a comment

こちらも合わせてたっぷりどうぞ