演目一覧: 動物の落語

稲荷俥~桂米朝

儂は人間ではない、産湯稲荷の使いだ 稲荷車~桂米朝 明治の頃、高津神社の表は昼間は賑やかなところですが夜が更けると寂しいところ。ここに人力車が一台客待ちをしています。 夜の九時少し前、どんよりと曇って今にも雨が降りそうな … Continue reading

Posted in あ~お, 桂米朝 | Tagged , , | 1 Comment

素人鰻(士族の商法)~桂文楽・柳家小三治【動画】

士族が鰻屋をはじめますが 素人鰻~桂文楽【動画】 明治維新後の秩禄処分(ちつろくしょぶん)で、一時金は入ったが以降の家禄を失った旗本。 以前に屋敷に出入りをしていた明神下「神田川」の元板前 金のすすめで鰻屋をはじめること … Continue reading

Posted in さ~そ, 柳家小三治, 桂文楽 | Tagged , , , , | 1 Comment

鰻屋~橘ノ園都・桂枝雀・古今亭志ん生・桂文我【動画】

開業したての鰻屋で 鰻谷・鰻屋~橘ノ園都 再生できない方はこちら(Veoh) 鰻谷(鰻谷の由来) 魚料理屋の「菱又」(ひしまた)の主人は偏屈者で、普段は店を開けず、魚が不漁で他の店が開いていない時に限って店を開きます。 … Continue reading

Posted in あ~お, 古今亭志ん生, 桂文我, 桂枝雀, 滝川鯉昇 | Tagged , , , | 2 Comments

ハナコ~立川志の輔

「予め申し上げておきます」 ハナコ~立川志の輔 温泉旅館に来た三人の男、女将が今日は仲居が一人休みで手が届かないところがあるかもしれないことを「予め申し上げておきます」と言います。 部屋に案内されるまでに、ここに段差がご … Continue reading

Posted in は~ほ, 立川志の輔 | Tagged , , , | Leave a comment

釜猫~桂米朝

悪魔祓いに空釜を焚け 釜猫~桂米朝 ある商家の若旦那。遊びが過ぎて旦那から七日間家から出てはならん、禁足じゃと言われます。 若旦那は暇でしょうがない、何度も店の表側にある手水場に入っては表を眺めています。 そこへ通りかか … Continue reading

Posted in か~こ, 桂米朝 | Tagged , , , | 1 Comment

牛の丸薬~桂米朝・桂枝雀【動画】

牛の急病治します 牛の丸薬~桂米朝 春。雨の降った翌日に男が友人の家を訪ねますと、奥に入ってこいと縁側に呼びます。 縁先にいた男は、土で作った大和炬燵を片付けようと外に置いていたら、雨に濡れてぼろぼろになってしまった。こ … Continue reading

Posted in あ~お, 桂枝雀, 桂米朝 | Tagged , , , , | Leave a comment

熊の皮~春風亭柳枝・桂文朝

これは尻に敷くものです 熊の皮~春風亭柳枝 仕事が早く終わった甚兵衛。腹が減ったと帰ってきて足を洗うと言いますと、洗濯物を洗ってくれ、干してくれと女房。 ようやく足を洗って飯にしてくれと言いますとお膳がない。私は先に食べ … Continue reading

Posted in か~こ, 春風亭柳枝, 桂文朝 | Tagged , | Leave a comment

馬の巣~桂文楽・桂米朝・滝川鯉昇【動画】

馬の毛を抜くとどうなるか知らないのか 馬の巣~桂文楽 釣りが好きでたまらない男。女房が仕事が溜まっているのにと文句を言います。 さて、と道具を出しますとテグスがいかれている。そこへ馬子が通りかかり、馬をつないでどこかへ行ってしまいます。 男は馬の尻尾の毛を抜いてテグスにしますが、そこを通りかかった友達の勝っつあん、 Continue reading

Posted in あ~お, 桂文楽, 桂米朝, 滝川鯉昇 | Tagged , , , | Leave a comment

つる~桂米朝・桂歌丸・桂枝雀・春風亭一之輔・桂吉朝【動画】

「ツ~~ッ」と飛んで来て つる~桂米朝【動画】 横町に住むご隠居の甚兵衛。評判はあまり良くないが物知りで知られます。 この甚兵衛を訪ねてきた男、屏風に書いた千羽鶴を見て、鶴というのはなぜ鶴というようになったかと聞きます。 甚兵衛は「昔、ひとりの老人が浜辺へ立って遥かな沖合いを眺めてござった。唐土の彼方からこの首長鳥の雄 Continue reading

Posted in た~と, 春風亭一之輔, 桂吉朝, 桂枝雀, 桂歌丸, 桂米朝 | Tagged , , , | Leave a comment

動物園~桂枝雀・桂米朝・桂福丸【動画】

力もいらず頭もいらず喋らず朝早くなく稼げる仕事とは 動物園~桂枝雀 ある男、仕事が続かずまた辞めたと話しています。 トラックの助手をしたが荷物の上げ下ろしは重労働で辞めた、コンピュータの会社は頭が重労働で辞めた。自動車のセールスマンをやったが肝心な事が喋れないので辞めた、新聞配達は朝が早いので辞めたと Continue reading

Posted in た~と, 桂枝雀, 桂福丸, 桂米朝 | Tagged , , , | 1 Comment

猫の災難~柳家小さん・古今亭志ん生・三笑亭可楽・柳家小三治

悪事災ニャンを免れさせ給え 猫の災難~柳家小さん【動画】 たまの休みで朝湯に行った熊五郎、帰ってきてお酒が飲みたくてたまらないが一文無し。隣のかみさんが声をかけるので見ると大きな鯛の頭と尻尾を持っている。家の猫が病気で見舞いに鯛をもらって身は食べさせたが頭としっぽが残って捨てに行くと言う。 Continue reading

Posted in な~の, 三笑亭可楽, 古今亭志ん生, 柳家小さん(五代目), 柳家小三治 | Tagged , , | Leave a comment

犬の目~桂米朝・春風亭柳朝・桂文我・立川文都

春になればまた眼が吹いてくる 犬の目~桂米朝 四、五日前から眼が疼くという男。 友人に紹介してもらった医者に行きますと、医者は眼玉を取り外して、悪いところを修繕してまた放り込めばすぐに治ると言います。 たこ焼きの要領で眼をポンとくり抜いて、薬液につけておけと助手に命じます。 しばらく後、眼を元に入れようとしますが入らず Continue reading

Posted in あ~お, 春風亭柳好, 桂文我, 桂米朝 | Tagged , , | Leave a comment

猫定~三遊亭圓生・五街道雲助【動画】

半ならニャオン、丁ならニャオニャオ 猫定~三遊亭圓生【動画】 両国回向院の鼠小僧の墓の横に猫塚というものがありまして、猫が死んだらここへ持ってきてお経を上げてもらって埋葬します。ここへ最初に入った猫のお話でございます。 八丁堀玉子屋新道の長屋に、定吉という魚屋がいまして魚屋は名ばかりで実態は博打打ち。 定吉が朝湯の帰り Continue reading

Posted in な~の, 三遊亭圓生, 五街道雲助 | Tagged , , , | Leave a comment

鷺取り~桂枝雀・柳家小せん・桂吉朝・桂文我【動画】

近寄って小さな声で「サーギー」 鷺取り~桂枝雀【動画】 甚兵衛の家を訪ねてきた喜六。甚兵衛は「飯をどうやって食べているんだ?」「箸と茶碗で」「その米はどこから持ってくる」「米屋が運んできます」「米屋の払いはどうする」「そ … Continue reading

Posted in さ~そ, 桂吉朝, 桂文我, 桂枝雀 | Tagged , , , , , | 1 Comment

紀州飛脚(南の旅)~露の五郎兵衛

バレ噺につきお子様はロビーでお煙草でもどうぞ 紀州飛脚~露の五郎兵衛 再生できない方はこちら(Daylymotion) ある男、足の早いのを見込まれて和歌山まで飛脚を頼まれます。 この男、足が三本あろうかと見えるような大 … Continue reading

Posted in か~こ, 露の五郎兵衛 | Tagged , , , , | Leave a comment

こちらも合わせてたっぷりどうぞ