演目一覧: 人情噺

千両幟(稲川)~三遊亭圓生・雷門助六

乞食の差し出す蕎麦を快く食べる関取稲川に 千両幟(関取千両織桜)~三遊亭圓生 大阪相撲の稲川という力士が江戸へ出て来ましたが、十日間全勝をしても贔屓(ひいき)が出来ません。 もう大阪へ帰ろうかと考えているところへ、汚い乞 … Continue reading

Posted in あ~お, さ~そ, 三遊亭圓生, 雷門助六 | Tagged , | Leave a comment

小判一両~三遊亭圓生

親の形見の一両小判。恩が仇となり 小判一両~三遊亭圓生 笊(ざる)屋の安七には昔、女房子供がありましたが、二人を亡くしたことからやけになり、博打で身をもちくずします。 安七の父は、やけにならず堅気になって商売でもするよう … Continue reading

Posted in か~こ, 三遊亭圓生 | Tagged , | Leave a comment

心のともしび~三遊亭圓生

無筆の町人が読み書きを字を覚えたい理由とは 心のともしび~三遊亭圓生 昔、大正の頃までは読み書きが全くできない人もおりました。 長屋で傘張りをしている浪人のもとに、今日も羅宇屋の源六がが来て字を教えてくれとい言います。 … Continue reading

Posted in か~こ, 三遊亭圓生 | Tagged , | Leave a comment

江戸の夢~三遊亭圓生

「つばくらめ いくとせ続く 老舗かな」 三遊亭圓生~江戸の夢 俳句に夢中の庄屋の武兵衛。 入ってきた女房が、娘のテルが奉公人の藤七を婿にしてほしいと泣いて頼んだと言います。 母親は、藤七は気立てもよく真面目に働いているも … Continue reading

Posted in あ~お, 三遊亭圓生 | Tagged , , | Leave a comment

真景累ヶ淵~桂歌丸

圓朝以来の「お熊の懺悔」を加えた通し7時間たっぷり 三遊亭圓生(林家正三・古今亭志ん朝)の真景累ヶ淵および各解説はこちらへ 真景累ヶ淵~桂歌丸 真景累ヶ淵 1/7「宗悦殺し」

Posted in さ~そ, 桂歌丸 | Tagged , , , , | 1 Comment

孫帰る~柳家喬太郎

泣ける創作落語 「孫帰る」 孫帰る~柳家喬太郎 夏休み。 小学生の孫 健一がおじいさんの家に遊びに行くと、おじいさんはなんと箪笥の上に乗っています。 「猫のタマがここに寝ていたから涼しいかと思って」 箪笥から降りたおじい … Continue reading

Posted in ま~も, 柳家喬太郎 | Tagged , , | Leave a comment

叩き蟹~三遊亭圓窓

情けは人のためならず 叩き蟹~三遊亭圓窓 再生できない方はこちらdailymotion 日本橋近くの餅屋で何やら騒ぎが起こっているのを聞きつけた旅人。 餅屋が餅を盗もうとした子供をつかまえて折檻しようとしているという。 … Continue reading

Posted in た~と, 三遊亭圓窓 | Tagged , | Leave a comment

つづら(つづら間男)~五街道雲助

間男は七両二分と値が決まり つづら(つづら間男)~五街道雲助 外から帰ってきた子供が母親のお兼に、友達がそんな雑布みたいな汚い着物を着てる奴のそばへ寄ると汚れると言って遊んでくれないと泣きます。 今縫っているのはお前の着 … Continue reading

Posted in た~と, 五街道雲助 | Tagged , , | Leave a comment

塩原多助一代記~古今亭志ん生・古今亭今輔・三遊亭圓生

『本所に過ぎたるものが二つあり 津軽屋敷に炭屋塩原』 塩原多助一代記・青の別れ~古今亭志ん生 塩原太助 上州沼田の塩原角右衛門は、三百石の田地を有する豊かな家で、後添いのお亀と娘のお栄、養子の多助の四人、お栄と多助を夫婦 … Continue reading

Posted in さ~そ, 三遊亭圓生, 古今亭今輔, 古今亭志ん生 | Tagged , | Leave a comment

安中草三~三遊亭圓生・安中草三牢破り~古今亭志ん生

父とも思う半三郎のために盗みを犯して 安中草三(あんなかそうざ)~三遊亭圓生 恒川半三郎 土屋能登守の家来の恒川半三郎は、父親はお料理方で半六と申しまして、十石二人扶持と言いますから極く小給の暮らしをしていました。 半三 … Continue reading

Posted in あ~お, 三遊亭圓生, 古今亭志ん生 | Tagged , , | Leave a comment

ざこ八~桂南光・桂三木助【動画】

「ざこ八」を潰したのはお前さんだよ ざこ八~桂南光 枡屋新兵衛を訪ねた男。 叔父さん、眼鏡屋の弟の鶴でございます、十年ほど東京へ行っていてずいぶんご無沙汰しておりますと挨拶をします。 町内の様子がずいぶん変わっていると聞 … Continue reading

Posted in さ~そ, 桂三木助(三代目), 桂南光(べかこ) | Tagged , | Leave a comment

怪談 累草紙(かさねぞうし)「親不知の場」~林家正蔵

誰やら後ろに・・ 怪談累草紙「親不知の場」~林家正蔵 堀越与右衛門 巣鴨鶏聲ヶ窪(けいせいがくぼ) 吉田監物の奥家老の堀越与左衛門の次男 与右衛門は、十一歳で越中の郷士のところへ世継ぎにやられ、そこで十年を暮らしていまし … Continue reading

Posted in か~こ, 林家正蔵(八代目・彦六の正蔵) | Tagged , , , | Leave a comment

鬼あざみ~桂文團治

武蔵野にはじかるほどの鬼あざみ 鬼あざみ~桂文團治 再生できない方はこちら(veoh) 桂文紅の師匠、文團治の貴重な口演です。 清吉とおまさ 母親に金を一貫五百くれとねだる子供。芝居を観に行って寿司を買って食べたいと言う … Continue reading

Posted in あ~お, 桂文團治, 桂文紅 | Tagged , , | Leave a comment

御家安とその妹(鶴殺疾刃庖刀・つるごろしねたばのほうちょう)~古今亭志ん生

極道者の御家安と一顧傾城の妹お春の顛末 御家安とその妹~古今亭志ん生 前編(上) 発端 氏勝の陣笠 徳川直参で十万石の大名 東城左近太夫氏勝。歳三十四で文武両道に達して和歌の道に長けています。家来からも慕われ、奥方も大事 … Continue reading

Posted in か~こ, 古今亭志ん生 | Tagged , | Leave a comment

笠と赤い風車~林家正蔵

平岩弓枝作 子を思ふ道にまどひぬるかな 笠と赤い風車~林家正蔵 豆腐屋の嘉吉 浅草馬道で豆腐屋を営む嘉吉(かきち)。 男の子が産まれましたが女房の産後の肥立ちが悪く、三日目に亡くなってしまいます。 女房の妹 おせんが引き … Continue reading

Posted in か~こ, 林家正蔵(八代目・彦六の正蔵) | Tagged , | Leave a comment

こちらも合わせてたっぷりどうぞ