演目一覧: 上方落語

仏師屋盗人~笑福亭三喬

仏師屋盗人~笑福亭三喬 十両盗めば首が飛んだ江戸時代。 ある夜、仏師屋の家に強盗が入ります。仏師に刀を突きつけて「金を出せ」と脅しますが、仏師は落ち着いた様子。 「明かりをつけろ」と言うと、自分のことは自分でしろ、鴨居の … Continue reading

Posted in は~ほ, 笑福亭三喬 | Tagged , | Leave a comment

箒屋娘~桂小南

箒屋娘~桂小南 船場で木綿問屋を営む相模屋。 若旦那の宗三郎は、いつも部屋で本ばかり読んでいる。 大旦那の宗兵衛は論語読みの論語知らず、世間知らずなのも困るし、閉じこもってばかりでおかしな病気にでもなれば大変と、番頭に外 … Continue reading

Posted in は~ほ, 桂子南 | Tagged , | Leave a comment

煙草の火~桂文枝・立川談志・林家正蔵

莨の火(たばこのひ)~桂文枝 住吉神社の鳥居前。通りかかった上品なお年寄りに二人の駕籠舁きが声をかけます。 「南から来たので北のほうへ」と言うので担いで走り出しますが、よく聞けば和泉の佐野から駕籠出て堺まで来たが乗りくた … Continue reading

Posted in た~と, 林家正蔵(八代目・彦六の正蔵), 立川談志 | Tagged , | Leave a comment

へっつい盗人~笑福亭仁鶴・春風亭昇太・桂雀々・三遊亭百生・桂春団治

へっつい盗人~笑福亭仁鶴 清八のところへ遊びに来た喜六に、友達の松ちゃんが宿替えをしたので何か祝い物をしようと相談します。 「値安で、手軽で、場がある物」がいいなと清八が言うと、喜六はカンナ屑はどうか。 そんなものではな … Continue reading

Posted in は~ほ, 三遊亭百生, 春風亭昇太, 桂春団治, 桂雀々 | Tagged , | Leave a comment

宇治の柴舟~桂小南

「暮れてゆく春の湊は知らねども霞におつる宇治の柴舟」 宇治の柴舟~桂小南 大阪の材木問屋の若旦那。しばらく臥せっていて床が上がらない。 大勢の医者に来てもらったが見立てがはっきりしない。今日来てもらった医者が薬はいらない … Continue reading

Posted in あ~お, 桂子南 | Tagged , | Leave a comment

夢八~笑福亭松鶴・露の五郎・桂小南・桂雀々・三遊亭百生

夢八~笑福亭松鶴 ご隠居の甚兵衛のもとに「寝てて食える仕事はないか」と来た夢八。 よくしゃべるから幇間持ちはどうだと甚兵衛が言うと、あれは懲りた。寒くて太鼓のバチが持てないと夜番(夜回り)と勘違いして夜番の難しさを滔々と … Continue reading

Posted in や~ん, 三遊亭百生, 桂子南, 桂雀々, 露の五郎兵衛 | Tagged , , | Leave a comment

野崎詣り~桂春團治・笑福亭松之助・桂梅團治・桂春團治(初代)

野崎詣り~桂春團治 毎年5月1日から10日間の野崎詣りは大変大勢の人で賑わいます。 喜六と清八も野崎詣りに向かっていますが、徳庵堤(とっかんづつみ)にかかったところで、喜六が足が痛いと言い出し、船に乗ることに。 船頭に「 … Continue reading

Posted in な~の, 桂春団治, 桂春団治(三代目), 桂梅團治, 笑福亭松之助 | Tagged , | Leave a comment

貝野村~桂小南

貝野村~桂小南 大阪船場で二十人余りの使用人で呉服屋を営むお店。 大旦那の若旦那の二人で若旦那は「今業平」と言われるほどの良い男。 ここに出入りの棟梁の世話で丹波貝野村の庄屋の娘「おもよ」が女中に入ります。 「おもよ」は … Continue reading

Posted in か~こ, 桂子南 | Tagged , | Leave a comment

近眼の煮売屋~桂米朝

これって泥棒ですが・・ 近眼の煮売屋~桂米朝 昼間からご馳走を並べて一杯やっている清八。そこへやってきた喜六が「ごっそさん」と言い、どうしたのだと聞くと、友人から灘の酒を送ってもらったのだと言う。 料理は紀州のかまぼこ、 … Continue reading

Posted in た~と, 桂米朝 | Tagged , | Leave a comment

足上がり~桂米朝・桂文枝・桂吉朝

筆の先から出たお金で・・ 足上がり~桂米朝 ある大店の番頭は、店の金をごまかしては芸者遊びや芝居に興じています。 今日もお茶屋の芸妓をはべらせて芝居見物。 お伴の丁稚定吉がそろそろ帰るというので、帰ったら、番頭は播磨屋さ … Continue reading

Posted in あ~お, 桂吉朝, 桂文枝(四代目), 桂米朝 | Tagged , | Leave a comment

商売根問(しょうばいねどい)~桂米朝・桂雀太

ガタロ(河童)を捕まえる方法とは 商売根問~桂米朝 甚兵衛の家を訪ねてきた喜六。甚兵衛は「飯をどうやって食べているんだ?」「箸と茶碗で」「その米はどこから持ってくる」「米屋が運んできます」「米屋の払いはどうする」「それは … Continue reading

Posted in さ~そ, 桂米朝 | Tagged , | Leave a comment

米揚げ笊(ざるや)~桂米朝・金原亭馬生・笑福亭松鶴・五街道雲助・桂枝雀・桂文枝【動画】

「米を揚げる米揚げいか~きぃ!」 桂米朝~米揚げ笊 ある男、天満源蔵町の笊(いかき)屋重兵衛で売り子を探していると聞いて、紹介状をもらいます。 お前はしゃべりなので要らないことを喋らないように。「三言喋れば氏素性が現われ … Continue reading

Posted in か~こ, さ~そ, 五街道雲助, 桂枝雀, 桂米朝, 笑福亭松鶴, 金原亭馬生 | Tagged , , | Leave a comment

風の神送り~桂米朝

「風の神ぃ 送ろ~ 風の神ぃ 送ろ~」 風の神送り~桂米朝 昔は風邪でも、今で言えばインフルエンザのようにちょっと寝て休んだぐらいでは治らない風邪が流行った時には、風(風邪)の神送りということをやりました。 虫送り、疱瘡 … Continue reading

Posted in か~こ, 桂米朝 | Tagged , , | Leave a comment

泣き塩~古今亭志ん生・桂米朝

往来で泣く若い男女を見た焼き塩屋は 泣き塩(焼き塩)~古今亭志ん生 往来を歩いていた侍が、お花という若い娘に呼びとめられます。 娘は、女中奉公をしていますが故郷の母親が身体を悪くしたとのことで心配をしているところへこの手 … Continue reading

Posted in な~の, 古今亭志ん生, 桂米朝 | Tagged , | Leave a comment

向う付け(三人無筆)~笑福亭仁鶴

帳場を任された無筆の男三人は・・ 向う付け~笑福亭仁鶴 お世話になったご隠居が亡くなり、お通夜に行った男。 明日の葬式に帳場を頼まれますが、この男、字の読み書きができません。 帳場にはあと二人男がおり、よかったと安心した … Continue reading

Posted in さ~そ, ま~も, 笑福亭仁鶴 | Tagged | Leave a comment

こちらも合わせてたっぷりどうぞ