演目一覧 : 桂米朝

近眼の煮売屋~桂米朝

これって泥棒ですが・・ 近眼の煮売屋~桂米朝 昼間からご馳走を並べて一杯やっている清八。そこへやってきた喜六が「ごっそさん」と言い、どうしたのだと聞くと、友人から灘の酒を送ってもらったのだと言う。 料理は紀州のかまぼこ、 … Continue reading

Posted in た~と, 桂米朝 | Tagged , | Leave a comment

百人坊主~桂米朝

「腹立てん講」とは? 百人坊主~桂米朝 大阪近辺のある村。庄屋のところに村人が集まって、伊勢講の先達を引き受けてほしいと頼んでいます。 庄屋は毎年、毎年、伊勢参りに行くと必ず揉め事、喧嘩沙汰が起こるので嫌だと言います。

Posted in は~ほ, 三笑亭可楽, 桂米朝 | Tagged | Leave a comment

足上がり~桂米朝・桂文枝・桂吉朝

筆の先から出たお金で・・ 足上がり~桂米朝 ある大店の番頭は、店の金をごまかしては芸者遊びや芝居に興じています。 今日もお茶屋の芸妓をはべらせて芝居見物。 お伴の丁稚定吉がそろそろ帰るというので、帰ったら、番頭は播磨屋さ … Continue reading

Posted in あ~お, 桂吉朝, 桂文枝(四代目), 桂米朝 | Tagged , | Leave a comment

商売根問(しょうばいねどい)~桂米朝・桂雀太

ガタロ(河童)を捕まえる方法とは 商売根問~桂米朝 甚兵衛の家を訪ねてきた喜六。甚兵衛は「飯をどうやって食べているんだ?」「箸と茶碗で」「その米はどこから持ってくる」「米屋が運んできます」「米屋の払いはどうする」「それは … Continue reading

Posted in さ~そ, 桂米朝 | Tagged , | Leave a comment

米揚げ笊(ざるや)~桂米朝・金原亭馬生・笑福亭松鶴・五街道雲助・桂枝雀・桂文枝【動画】

「米を揚げる米揚げいか~きぃ!」 桂米朝~米揚げ笊 ある男、天満源蔵町の笊(いかき)屋重兵衛で売り子を探していると聞いて、紹介状をもらいます。 お前はしゃべりなので要らないことを喋らないように。「三言喋れば氏素性が現われ … Continue reading

Posted in か~こ, さ~そ, 五街道雲助, 桂枝雀, 桂米朝, 笑福亭松鶴, 金原亭馬生 | Tagged , , | Leave a comment

風の神送り~桂米朝

「風の神ぃ 送ろ~ 風の神ぃ 送ろ~」 風の神送り~桂米朝 昔は風邪でも、今で言えばインフルエンザのようにちょっと寝て休んだぐらいでは治らない風邪が流行った時には、風(風邪)の神送りということをやりました。 虫送り、疱瘡 … Continue reading

Posted in か~こ, 桂米朝 | Tagged , , | Leave a comment

泣き塩~古今亭志ん生・桂米朝

往来で泣く若い男女を見た焼き塩屋は 泣き塩(焼き塩)~古今亭志ん生 往来を歩いていた侍が、お花という若い娘に呼びとめられます。 娘は、女中奉公をしていますが故郷の母親が身体を悪くしたとのことで心配をしているところへこの手 … Continue reading

Posted in な~の, 古今亭志ん生, 桂米朝 | Tagged , | Leave a comment

故郷へ錦~桂米朝

せやさかい、これはとても人には言えん話やと 故郷へ錦~桂米朝 息子の作次郎が寝込んでいるのを心配した母親が自分の兄を呼びます。 医者の見立てによると、何か思い詰めていることがあって病気になったもので薬を浴びるほど飲んでも … Continue reading

Posted in か~こ, 桂米朝 | Tagged | Leave a comment

けんげしゃ茶屋~桂米朝・桂文珍【動画】

粟餅を持ってお茶屋へ けんげしゃ茶屋~桂米朝【動画】 大晦日。商家の奥では春を迎える準備、店では節季の勘定で旦那は邪魔にされて行き場がなく散歩をしています。 又兵衛と出逢い、大晦日に茶屋遊びもできずこんな寒空にブラブラと … Continue reading

Posted in か~こ, 桂文珍, 桂米朝 | Tagged , , , | Leave a comment

法華坊主~桂米朝

鶏の鳴き声が法華坊主と聞こえて 法華坊主~桂米朝 法華宗の坊さん。村の若後家へ法要に再々出入りをしているうちに、割りない仲になります。 村の衆の目に付いてはいけないと世間が寝静まった頃に忍んでまいりまして、夜が明ける前に … Continue reading

Posted in は~ほ, 桂米朝 | Tagged , | Leave a comment

鯉船~桂米朝

町の幇間 髪結い磯七 鯉船~桂米朝 回りの髪結い磯七。町内では便利屋、愛嬌者で世話好き。花代のかからない幇間のような男で町内では人気者です。 ある若旦那が東横堀に船を浮かべて網打ちに行こうというのを、磯七が橋の上から見付 … Continue reading

Posted in か~こ, 桂米朝 | Tagged , , | Leave a comment

三年酒~桂米朝

神道で葬式を出したいと檀那寺へ 三年酒~桂米朝 昔、寺が戸籍を預かり、出生や除籍を行っていた頃。 お寺を怒らせるとこの世話をしてくれるものがいなくなるので、お寺には逆らえなかったようで。 喜六を探し回っていた清八。兄弟分 … Continue reading

Posted in さ~そ, 桂米朝 | Tagged , , | Leave a comment

夏の医者~桂枝雀・三遊亭圓生・桂米朝【動画】

うわばみに呑まれた医者 夏の医者~桂枝雀【動画】 夏の暑い日。ある村で父親が農作業中に倒れたと叔父の家に駆け込んできます。 村には医者がおらず、息子は山を三つ越えて医者を呼びに行きます。 医者の家に着くと、医者は何か悪い … Continue reading

Posted in な~の, 三遊亭圓生, 桂枝雀, 桂米朝 | Tagged , , | Leave a comment

稲荷俥~桂米朝

儂は人間ではない、産湯稲荷の使いだ 稲荷車~桂米朝 明治の頃、高津神社の表は昼間は賑やかなところですが夜が更けると寂しいところ。ここに人力車が一台客待ちをしています。 夜の九時少し前、どんよりと曇って今にも雨が降りそうな … Continue reading

Posted in あ~お, 桂米朝 | Tagged , , | 1 Comment

一人酒盛~三遊亭圓生・桂米朝・柳家小さん・笑福亭松鶴・桂枝雀・古今亭右朝

また燗をつけといてくれよ 一人酒盛~三遊亭圓生 仕事出かけようとしていた留公、急用があると聞いて熊五郎の家にやってきます。 熊五郎は、昔世話をした男が長らく上方に行っていたがひさしぶりに来て酒を持ってきたので一緒にやらな … Continue reading

Posted in は~ほ, 三遊亭圓生, 古今亭右朝, 柳家小さん(五代目), 桂枝雀, 桂米朝, 笑福亭松鶴 | Tagged , | Leave a comment

只今人気の演目です