演目一覧 : 桂

近眼の煮売屋~桂米朝

これって泥棒ですが・・ 近眼の煮売屋~桂米朝 昼間からご馳走を並べて一杯やっている清八。そこへやってきた喜六が「ごっそさん」と言い、どうしたのだと聞くと、友人から灘の酒を送ってもらったのだと言う。 料理は紀州のかまぼこ、 … Continue reading

Posted in た~と, 桂米朝 | Tagged , | Leave a comment

百人坊主~桂米朝

「腹立てん講」とは? 百人坊主~桂米朝 大阪近辺のある村。庄屋のところに村人が集まって、伊勢講の先達を引き受けてほしいと頼んでいます。 庄屋は毎年、毎年、伊勢参りに行くと必ず揉め事、喧嘩沙汰が起こるので嫌だと言います。

Posted in は~ほ, 三笑亭可楽, 桂米朝 | Tagged | Leave a comment

足上がり~桂米朝・桂文枝・桂吉朝

筆の先から出たお金で・・ 足上がり~桂米朝 ある大店の番頭は、店の金をごまかしては芸者遊びや芝居に興じています。 今日もお茶屋の芸妓をはべらせて芝居見物。 お伴の丁稚定吉がそろそろ帰るというので、帰ったら、番頭は播磨屋さ … Continue reading

Posted in あ~お, 桂吉朝, 桂文枝(四代目), 桂米朝 | Tagged , | Leave a comment

商売根問(しょうばいねどい)~桂米朝・桂雀太

ガタロ(河童)を捕まえる方法とは 商売根問~桂米朝 甚兵衛の家を訪ねてきた喜六。甚兵衛は「飯をどうやって食べているんだ?」「箸と茶碗で」「その米はどこから持ってくる」「米屋が運んできます」「米屋の払いはどうする」「それは … Continue reading

Posted in さ~そ, 桂米朝 | Tagged , | Leave a comment

米揚げ笊(ざるや)~桂米朝・金原亭馬生・笑福亭松鶴・五街道雲助・桂枝雀・桂文枝【動画】

「米を揚げる米揚げいか~きぃ!」 桂米朝~米揚げ笊 ある男、天満源蔵町の笊(いかき)屋重兵衛で売り子を探していると聞いて、紹介状をもらいます。 お前はしゃべりなので要らないことを喋らないように。「三言喋れば氏素性が現われ … Continue reading

Posted in か~こ, さ~そ, 五街道雲助, 桂枝雀, 桂米朝, 笑福亭松鶴, 金原亭馬生 | Tagged , , | Leave a comment

風の神送り~桂米朝

「風の神ぃ 送ろ~ 風の神ぃ 送ろ~」 風の神送り~桂米朝 昔は風邪でも、今で言えばインフルエンザのようにちょっと寝て休んだぐらいでは治らない風邪が流行った時には、風(風邪)の神送りということをやりました。 虫送り、疱瘡 … Continue reading

Posted in か~こ, 桂米朝 | Tagged , , | Leave a comment

不孝者(茶屋迎い)~三遊亭圓生・桂文珍

貯めたがる使いたがるで家が揉め 不孝者~三遊亭圓生 道楽者の若旦那。下男の清造を伴に日本橋の山城屋へ出かけましたが、清造は謡いの会があるから先に帰ってきたと言う。 清造に様子を聞くと三味線を弾いてえらい騒ぎだと言う。謡の … Continue reading

Posted in は~ほ, 三遊亭圓生, 桂文珍 | Tagged , | Leave a comment

泣き塩~古今亭志ん生・桂米朝

往来で泣く若い男女を見た焼き塩屋は 泣き塩(焼き塩)~古今亭志ん生 往来を歩いていた侍が、お花という若い娘に呼びとめられます。 娘は、女中奉公をしていますが故郷の母親が身体を悪くしたとのことで心配をしているところへこの手 … Continue reading

Posted in な~の, 古今亭志ん生, 桂米朝 | Tagged , | Leave a comment

八五郎坊主~桂枝雀・桂文我・桂雀々・林家染二

つまらん奴は坊主になれ 八五郎坊主~桂枝雀 甚兵衛さんのところに来た八五郎。 「つまらん奴は坊主になれ」と言いますけど、どういう意味でしょう」と聞きますと、甚兵衛さんは、「何もしないでぶらぶらしている奴は世の中の役に立た … Continue reading

Posted in は~ほ, 林家染二, 桂文我, 桂枝雀, 桂雀々 | Tagged , | Leave a comment

秋刀魚火事(さんま火事)~桂三木助

地主の吝い屋をやりこめたい 大家のところに長屋の連中が集まってきて、地主の吝い屋が癪にさわってしょうがない。一通り聞いてもらって知恵を借りたいと言います。 まずは2~3年前、皆で潮干狩りに行って、日本中の蛤を長屋の連中で … Continue reading

Posted in さ~そ, 桂三木助(三代目) | Tagged , , , | Leave a comment

真景累ヶ淵~桂歌丸

圓朝以来の「お熊の懺悔」を加えた通し7時間たっぷり 三遊亭圓生(林家正三・古今亭志ん朝)の真景累ヶ淵および各解説はこちらへ 真景累ヶ淵~桂歌丸 真景累ヶ淵 1/7「宗悦殺し」

Posted in さ~そ, 桂歌丸 | Tagged , , , , | 1 Comment

故郷へ錦~桂米朝

せやさかい、これはとても人には言えん話やと 故郷へ錦~桂米朝 息子の作次郎が寝込んでいるのを心配した母親が自分の兄を呼びます。 医者の見立てによると、何か思い詰めていることがあって病気になったもので薬を浴びるほど飲んでも … Continue reading

Posted in か~こ, 桂米朝 | Tagged | Leave a comment

祇園祭(祇園会)~桂文治・古今亭志ん生・春風亭一朝

江戸っ子の京都見物 桂文治~祇園祭(祇園会) 京都見物への旅に出かけた江戸っ子。足に豆を作りながらも京都へたどり着きます。 「湯」に入りたいと近くのおかみさんに「湯」はどこにあるとか聞きますが、京の道案内は「お上がりやし … Continue reading

Posted in か~こ, 古今亭志ん生, 春風亭一朝, 桂文治 | Tagged , | Leave a comment

鍬潟(くわがた)~桂文枝

身の丈八尺の雷電と四尺足らずの鍬潟の取組 鍬潟(くわがた)~桂文枝 丈が二尺足らずだがいたって相撲が好きな男。 暇な時には近所の子どもをつかまえては相撲を取っています。 女房に隣の甚兵衛さんが呼んでいたという言付けを聞い … Continue reading

Posted in か~こ, 桂文枝(五代目) | Tagged , | Leave a comment

鮑のし(祝のし)~古今亭志ん生・桂春団治・三遊亭圓楽・桂文枝・立川志らく・三遊亭百生・林家木久扇

しっかり者の女房に言われるまま 鮑のし~古今亭志ん生 仕事に行ったが途中で身体の調子が悪くなって帰って来た男。 考えたら腹が減ってるんだ。飯を食わせろと女房のお光に言いますが、飯も米も金もないと言う。 友達のところへ五十 … Continue reading

Posted in あ~お, 三遊亭圓楽, 三遊亭百生, 古今亭志ん生, 林家木久扇, 桂文枝(五代目) | Tagged , , | Leave a comment

只今人気の演目です