演目一覧 : 三遊亭金馬

仙台高尾~三遊亭金馬

あわれ仙台高尾の物語 仙台六十二万石伊達綱宗が三浦屋の万治の二代目高尾に夢中になりますが、高尾は島田十三郎と夫婦約束を交わしておりよい返事をしません。 側近が三浦屋と身請けの交渉をして七千八百両を出して高尾を仙台まで連れ … Continue reading

Posted in さ~そ, 三遊亭金馬 | Tagged , | Leave a comment

雑俳~春風亭柳昇・三遊亭金馬・立川談志

猫もあきれて顔を出し 雑俳~春風亭柳昇 八っつぁんが隠居の所に遊びに行きますと、ご隠居は最近雑俳に凝っていると言います。 題を出して俳句に読み込むというもので、八も俳句をやらないかと聞かれて、やりましょうと、二人でやりだ … Continue reading

Posted in さ~そ, 三遊亭金馬, 立川談志 | 1 Comment

夏泥(置泥)~柳家小さん・三遊亭圓遊・三遊亭金馬・五街道雲助・三遊亭金時

三十銭でいいから貸してくれ 夏泥~柳家小さん 夏の夜中にある長屋に泥棒が入ります。
蚊帳燻しを焚きっ放しにしている家を見て、灯も倹約して寝ているらしい、金を溜め込んでいるに違いないとこの家に入ります。

部屋の隅に男が寝ていますので起こして泥棒だと言いますと、男はそれなら安心だ。金は博打で巻き上げられて一文無しだと胸を Continue reading

Posted in な~の, 三遊亭圓遊, 三遊亭金馬, 五街道雲助, 柳家小さん(五代目) | Tagged , , , | Leave a comment

お化け長屋~金馬・志ん生・志ん朝・圓生・談志・歌丸・小三治【動画】

必聴 金馬・志ん生のリレー落語 ある長屋。住人たちが空き家を物置代わりに使っていたら、大家が長屋連中から店賃の割り前を取ると言う。 借り手がつかないようにしてやって生涯物置代わりにしてやろうじゃないかと企んだ連中、店子の古株 古狸の杢兵衛が、借り手が来たら俺のところへ寄こせ、断ってやるということになります。 Continue reading

Posted in あ~お, 三遊亭圓生, 三遊亭金馬, 古今亭志ん朝, 古今亭志ん生, 柳家小三治, 桂歌丸, 立川談志 | Tagged , , , , | Leave a comment

大師の杵~三遊亭金馬・春風亭小朝

川崎大師 女除けの由来 大師の杵~三遊亭金馬 空海上人が諸国を回って修行をしていた二十五歳の時、武蔵の国橘郡平間村、今の神奈川県川崎に来た時、名主の源左衛門宅に逗留いたします。 真言秘密の法というので、あらゆる病人の加持祈祷をしまして不治難病といえどもたちどころに治ると評判になり、近在から人が押し寄せます。 Continue reading

Posted in た~と, 三遊亭金馬, 春風亭小朝 | Tagged , | Leave a comment

唐茄子屋政談~志ん朝・志ん生・圓生・さん喬他【動画】

勘当?結構、お天道さまと米のメシはついてまわりますから 古今亭志ん朝 唐茄子屋政談【動画】 Watch 再生できない方はこちら(veoh)Tounasuya-Seidan 上段 商家の若旦那の徳三郎、吉原通いが過ぎて家に … Continue reading

Posted in た~と, 三遊亭圓生, 三遊亭金馬, 古今亭圓菊, 古今亭志ん朝, 古今亭志ん生, 林家正蔵(八代目・彦六の正蔵), 柳家さん喬 | Tagged , , , | 1 Comment

近江八景~桂米朝・古今亭志ん朝・橘ノ園都・三遊亭圓生・三遊亭金馬

「乗せたから先は粟津かただの駕籠 比良石山や馳せらしてみい」 近江八景~桂米朝 易者が客引きをしています。「今日は師匠の十三回忌によって見料は半額、手の筋は無料じゃ。遠慮せんと手を出せ。」 前を通った男、この人は下手だ。この間天王寺さんに行ったら同じように「今日は師匠の十三回忌」と言ってた。毎日そんなことを言ってるよ Continue reading

Posted in あ~お, 三遊亭圓生, 三遊亭金馬, 古今亭志ん朝, 桂米朝 | Tagged , , | 1 Comment

二十四孝~古今亭志ん朝・三遊亭金馬・春風亭柳好・立川談志・林家正蔵

殴ってはいない蹴とばした 二十四孝~古今亭志ん朝 大家が一軒の亭主に小言を言っています。 ここには三十六軒あるがのべつ喧嘩をしてるのはお前のところだけだ。今朝はどうしたんだと聞きますと、 今日は寝坊したんで、仕事を休んで湯に行ってから一杯やろうと思ってたら、魚屋が鯵を買ってくれないかと来た。金がないというと十三匹くれた Continue reading

Posted in な~の, 三遊亭圓生, 三遊亭金馬, 古今亭志ん朝, 林家正蔵(八代目・彦六の正蔵), 立川談志 | Tagged , , | Leave a comment

転宅~三遊亭金馬・柳家小三治・柳亭市馬・橘家文左衛門・桃月庵白酒

どうするどうする 転宅~三遊亭金馬 あるお妾。旦那は今日は泊まれないと次を約束して帰るのを五六間見送りして家に戻ります。 戸締まりをして座敷に入ると、男が座敷に上がりこんでお膳に残っていた料理を食べて酒を飲んでいる。 Continue reading

Posted in た~と, 三遊亭金馬, 柳亭市馬, 柳家小三治, 橘家文左衛門 | Tagged , | Leave a comment

てれすこ~三遊亭金馬・三遊亭圓生・三遊亭圓歌

イカの干したものをスルメと言わせるなよ てれすこ~三遊亭金馬
ある漁場で名前のわからない魚が獲れ、村中聞いて回りますが誰にもわからない。 漁師たちはその魚を持って奉行所を訪れますが、漁師にわからないものが役人にわかるはずがなく、役人奉行議論の末、その魚の魚拓をとって貼り出して名前がわかる者は申し出でよ。褒美として百両の Continue reading

Posted in た~と, 三遊亭円歌(二代目), 三遊亭圓生, 三遊亭金馬, 滝川鯉昇 | Tagged , | Leave a comment

勉強~三遊亭金馬・林家三平【動画】

てぇこう秀吉、信長は秀吉の家来だ 勉強~三遊亭金馬 学校から帰ってきた息子が机にかじりついて背中を丸くしているのを見て何やってるんだと聞く父親。 宿題だと言う息子に父親は「分からないことがあったら聞きな、学問はなくったって苦労してる。」と言いますが息子は相手にしません。 「今やっているのは何だ」「地理。地理って何だか判 Continue reading

Posted in は~ほ, 三遊亭金馬 | Tagged | Leave a comment

居酒屋~三遊亭金馬・桂文朝

ブリにお芋に酢蛸でございます ひぇ~い 流行らない縄のれんの居酒屋。小僧は居眠りをしています。 ここへ盲縞の長半纏を着て風呂帰りらしい男が入ってきます。 小僧が宮下にお掛けなさいと大神宮飾りの下の席に案内、お酒は澄んだのと濁ったのとどちらにしますと聞きます。 Continue reading

Posted in あ~お, 三遊亭金馬 | Tagged , | Leave a comment

高田の馬場~古今亭志ん朝・三遊亭金馬

親の仇岩渕伝内 いざ尋常に勝負勝負 高田の馬場~古今亭志ん朝 花見客で賑わう浅草。浅草寺の境内では蟇の油を売る姉弟が口上を述べています。 人だかりの中から一人の老侍が進み出て、二十年前に受けた傷に蟇の油が効くかと尋ねます。 傷を見なければわからないと弟が侍の背中の傷を見せてもらいますと、 Continue reading

Posted in た~と, 三遊亭金馬, 古今亭志ん朝 | Tagged , | Leave a comment

金明竹~柳家小三治・三遊亭金馬・古今亭志ん生・三遊亭圓生・三遊亭圓丈他【動画】

うちにも旦那が一匹おりますが 金明竹~柳家小三治【動画】叔父さんの骨董屋に世話になっている松公。とんだ与太郎で身仕舞いをきれいにしろと言われれば猫のヒゲを抜く、猫の爪を切る、表の掃除をしろと言えば水の撒き方もわからず通る人に水をかけてしまう。 急に降ってきた雨に軒を貸してほしいという男には軒を持っていかれてはかなわない Continue reading

Posted in か~こ, 三遊亭圓生, 三遊亭金馬, 古今亭志ん生, 柳家小三治 | Tagged , , | Leave a comment

世帯念仏(小言念仏)~【動画】桂米朝・柳家小三治・桂文珍・三遊亭金馬・柳家喜多八

飯が焦げてるナムアミダ 世帯念仏~桂米朝【動画】 ある男、毎朝仏壇の前に座って南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏を唱えるのが習慣になっています。 今朝もナムアミダブを唱えながら、花を変えたらどうだ、仏壇を掃除しろ、飯が焦げている、今朝のおかずは何だ、味噌汁の具は何だと小言が絶えません。 Continue reading

Posted in か~こ, さ~そ, 三遊亭金馬, 柳家小三治, 桂文珍, 桂米朝 | Tagged | Leave a comment

只今人気の演目です