演目一覧 : 三遊亭

開帳の雪隠~桂米朝・三遊亭圓生・立川談志

開帳の雪隠~桂米朝 寺院の出開帳(仏像を他の寺院に出張して公開)で、有料の雪隠(トイレ)で商売をしようと思いついた二人。 人出が多い上に女性は立ち小便というわけにもいかず、食べたくもない料理屋や茶屋に入って用足しをしなけ … Continue reading

Posted in か~こ, 三遊亭圓生, 桂米朝, 立川談志 | Tagged | Leave a comment

釜泥(釜盗人)~柳家三三・桂文我・三遊亭楽太郎・Tommy’s rakugo

釜泥~柳家三三 大泥棒 石川五右衛門が釜茹での刑になったことから、泥棒仲間が世の中から釜をなくしてしまおう、釜という釜をすべて盗んでやろうと相談がまとまります。 まず標的になったのが豆腐屋さん。 釜を盗まれては商売ができ … Continue reading

Posted in か~こ, 三遊亭円楽(六代目・楽太郎), 柳家三三, 桂文我 | Tagged , | Leave a comment

へっつい盗人~笑福亭仁鶴・春風亭昇太・桂雀々・三遊亭百生・桂春団治

へっつい盗人~笑福亭仁鶴 清八のところへ遊びに来た喜六に、友達の松ちゃんが宿替えをしたので何か祝い物をしようと相談します。 「値安で、手軽で、場がある物」がいいなと清八が言うと、喜六はカンナ屑はどうか。 そんなものではな … Continue reading

Posted in は~ほ, 三遊亭百生, 春風亭昇太, 桂春団治, 桂雀々 | Tagged , | Leave a comment

夢八~笑福亭松鶴・露の五郎・桂小南・桂雀々・三遊亭百生

夢八~笑福亭松鶴 ご隠居の甚兵衛のもとに「寝てて食える仕事はないか」と来た夢八。 よくしゃべるから幇間持ちはどうだと甚兵衛が言うと、あれは懲りた。寒くて太鼓のバチが持てないと夜番(夜回り)と勘違いして夜番の難しさを滔々と … Continue reading

Posted in や~ん, 三遊亭百生, 桂子南, 桂雀々, 露の五郎兵衛 | Tagged , , | Leave a comment

羽織の遊び~古今亭志ん朝・三遊亭圓生

羽織の遊び~古今亭志ん朝 町内の若い者が集まって、吉原に行きたいが金がない。 そこへ通りかかった伊勢屋の若旦那。 なよなよとしてキザで色男ぶっているイヤな男だと周りは言いますが、一人が声をかけます。

Posted in は~ほ, 三遊亭圓生, 古今亭志ん朝 | Tagged , | Leave a comment

お七~三遊亭圓生

お七~三遊亭圓生 子供が生まれて喜んでいる御幣担ぎ(縁かつぎ)の男のところに、兄貴分の八五郎がやってきます。 嫌な奴が来たと思っていると、八五郎が表から声をかけ、返事をしないでいると「死に絶えたか?」と言い出します。

Posted in あ~お, 三遊亭圓生 | Tagged | Leave a comment

近日息子~桂文朝・桂三木助・ 三遊亭吉窓・柳家喜多八・笑福亭純瓶

近日息子~桂文朝 与太郎が父親に怒られています。 息子に新しい芝居がかかると教えられて見に行ったが閉まっていた。 息子は「近日より」の文字を見て一番近い日(明日)だと思ったのだと言う。

Posted in か~こ, 三遊亭吉窓, 柳家喜多八, 桂三木助(三代目), 桂文朝, 笑福亭純瓶 | Leave a comment

松竹梅~柳家喬太郎・立川志らく・三遊亭圓遊・柳家一琴・林家木久扇

柳家喬太郎~松竹梅 長屋に住む松五郎、梅吉、竹蔵。 名前がおめでたいというので、出入り先のお店のお嬢さまの婚礼に招かれます。 この三人、婚礼に出席するのは初めてで、どんな振る舞いをしたらよいかとご隠居に相談に行きます。

Posted in さ~そ, 三遊亭圓遊, 林家木久扇, 柳家一琴, 柳家喬太郎 | Leave a comment

磯の鮑~三遊亭兼好・林家けい木

磯のあわび~三遊亭兼好 町内の若い者が集まって、吉原の噂話。 俺たち色男は花魁に惚れられていろんなものをもらって生活しているようなもんだ。 これを聞いていた与太郎が、女郎買いは儲かるのかと聞きますと、皆、からかいがてらに … Continue reading

Posted in あ~お, 三遊亭兼好, 林家けい木 | Tagged , , | Leave a comment

紋三郎稲荷~三遊亭円歌・柳屋小せん

わしは稲荷の使いであるぞ 紋三郎稲荷~三遊亭円歌 常陸の国 笠間藩の家臣 山崎平馬は参勤交代の時に風邪をひいてしまい、3~4日遅れて江戸へ出発します。 まだ「コンコン」と時折咳き込みながら幸手の松原に着くと、駕籠屋が松戸 … Continue reading

Posted in ま~も, 三遊亭円歌(二代目), 柳屋小せん | Tagged , , | Leave a comment

骨違い~三遊亭圓生

棟梁の息子を間男と間違えて殺し 骨違い~三遊亭圓生 ある大工の棟梁、女房を亡くして後妻をもらい、十七になる先妻の息子のゲン坊と三人で暮らしています。 ある日、大工の熊五郎の女房が棟梁の家に行くとゲン坊が自分の着物を繕って … Continue reading

Posted in は~ほ, 三遊亭圓生 | Tagged | Leave a comment

不孝者(茶屋迎い)~三遊亭圓生・桂文珍

貯めたがる使いたがるで家が揉め 不孝者~三遊亭圓生 道楽者の若旦那。下男の清造を伴に日本橋の山城屋へ出かけましたが、清造は謡いの会があるから先に帰ってきたと言う。 清造に様子を聞くと三味線を弾いてえらい騒ぎだと言う。謡の … Continue reading

Posted in は~ほ, 三遊亭圓生, 桂文珍 | Tagged , | Leave a comment

大名房五郎~三遊亭圓生

雨が降ると絵の中の人が傘を差す 大名房五郎~三遊亭圓生 下谷車坂に住む大工の棟梁 房五郎は、茶席を作らせると右に出る者がいないというほど腕がよい。 歳は二十九で九代目の市村羽左衛門に生き写しと言う、誠にいい男でしたが、女 … Continue reading

Posted in た~と, 三遊亭圓生 | Tagged , | Leave a comment

千両幟(稲川)~三遊亭圓生・雷門助六

乞食の差し出す蕎麦を快く食べる関取稲川に 千両幟(関取千両織桜)~三遊亭圓生 大阪相撲の稲川という力士が江戸へ出て来ましたが、十日間全勝をしても贔屓(ひいき)が出来ません。 もう大阪へ帰ろうかと考えているところへ、汚い乞 … Continue reading

Posted in あ~お, さ~そ, 三遊亭圓生, 雷門助六 | Tagged , | Leave a comment

仙台高尾~三遊亭金馬

あわれ仙台高尾の物語 仙台六十二万石伊達綱宗が三浦屋の万治の二代目高尾に夢中になりますが、高尾は島田十三郎と夫婦約束を交わしておりよい返事をしません。 側近が三浦屋と身請けの交渉をして七千八百両を出して高尾を仙台まで連れ … Continue reading

Posted in さ~そ, 三遊亭金馬 | Tagged , | Leave a comment

只今人気の演目です