演目一覧 : ま~も

耳なし芳一~林家正蔵

「芳一!、ほういち!!」 耳なし芳一~林家正蔵 耳なし芳一の話をご存知ない方はいないと思いますが、小泉八雲の原文訳を改めて。

Posted in ま~も, 林家正蔵(八代目・彦六の正蔵) | Tagged , , | Leave a comment

紋三郎稲荷~三遊亭円歌・柳屋小せん

わしは稲荷の使いであるぞ 紋三郎稲荷~三遊亭円歌 常陸の国 笠間藩の家臣 山崎平馬は参勤交代の時に風邪をひいてしまい、3~4日遅れて江戸へ出発します。 まだ「コンコン」と時折咳き込みながら幸手の松原に着くと、駕籠屋が松戸 … Continue reading

Posted in ま~も, 三遊亭円歌(二代目), 柳屋小せん | Tagged , , | Leave a comment

向う付け(三人無筆)~笑福亭仁鶴

帳場を任された無筆の男三人は・・ 向う付け~笑福亭仁鶴 お世話になったご隠居が亡くなり、お通夜に行った男。 明日の葬式に帳場を頼まれますが、この男、字の読み書きができません。 帳場にはあと二人男がおり、よかったと安心した … Continue reading

Posted in さ~そ, ま~も, 笑福亭仁鶴 | Tagged | Leave a comment

孫帰る~柳家喬太郎

泣ける創作落語 「孫帰る」 孫帰る~柳家喬太郎 夏休み。 小学生の孫 健一がおじいさんの家に遊びに行くと、おじいさんはなんと箪笥の上に乗っています。 「猫のタマがここに寝ていたから涼しいかと思って」 箪笥から降りたおじい … Continue reading

Posted in ま~も, 柳家喬太郎 | Tagged , , | Leave a comment

真二つ~柳家小さん

山田洋次作 名刀 魚切丸の値は指二本 真二つ~柳家小さん 神田錦町の道具屋 甚兵衛。嘘がつけずお世辞も言えないため、商売もうまくいかない。 友達に勧められて、用心のために家にあった二十両を懐に入れて、成田不動に願掛けに出 … Continue reading

Posted in ま~も, 柳家小さん(五代目) | Tagged , , | 1 Comment

緑林門松竹(またかのお関)~林家正蔵・三遊亭圓生

悪人ばかりの連続毒殺事件 医者 山木秀永の家・緑林門松竹(1)~林家正蔵 根津七軒町に山木秀永(やまぎしえい)という医者がいて、大層繁盛しております。 この下男で田舎から出てきた新助という無愛想な飯炊男を伴に木場の近江屋 … Continue reading

Posted in ま~も, 三遊亭圓生, 林家正蔵(八代目・彦六の正蔵) | Tagged , , | Leave a comment

松葉屋瀬川(雪の瀬川)~柳家さん喬・三遊亭圓生【動画】

人情噺 傾城 瀬川の実意でございます 雪の瀬川(上下)~柳家さん喬【動画】 本の虫の若旦那を浅草へ 古河で穀屋を営む大店 下総屋善兵衛の若旦那 善治郎。本の虫で毎日家にこもって本ばかり読んでいる。 こもってばかりでは身体 … Continue reading

Posted in ま~も, 三遊亭圓生, 柳家さん喬 | Tagged , , , , , | Leave a comment

豆屋(豆売り)~桂文治

表に心張り棒して薪ざっぽう持って来い 豆屋~桂文治 仕事が続かずそら豆の行商をすることになった男。 ある長屋の通りを売り歩いていますと、「こっちへ来い」と呼ぶ声。 家に入ると怖そうな男が、中に入って戸を閉めろと言います。 … Continue reading

Posted in ま~も, 桂文治 | Tagged , , | Leave a comment

眼鏡屋盗人(めがね泥)~桂米朝・春風亭一之輔・桂小南

頭、ここは化物屋敷です 眼鏡屋盗人~桂米朝 頭のところへ連れて来られた新米の泥棒、この町内のことが詳しいと聞いたので呼んだと頭が言いますと、隣の町内に長く住んでいたので詳しいと答えます。 金のある家はどこだと聞かれ、古金屋で鉄屑がいっぱいある。 そうじゃない、財産家はどこだと聞かれると代々金持ちの家があるが、 Continue reading

Posted in ま~も, 春風亭一之輔, 桂子南, 桂米朝 | Tagged , , | Leave a comment

毛氈芝居(もうせんしばい)~林家正蔵・古今亭志ん生・古今亭今輔【動画】

毛氈で囲いますと蘇りますので 毛氈芝居~林家正蔵【動画】さる東北の殿様、江戸には芝居というものがあるそうな。一座を呼び寄せて領民にも見せてやりたいと江戸へ遣いをやり、芝居小屋も作ります。 芝居の当日、領民とともに殿様も御簾の内から見物します。 「蘇我の討ち入り」「元禄花見踊り」と番組が続いたあと昼食をとり、最後の演目「 Continue reading

Posted in ま~も, 古今亭今輔, 古今亭志ん生, 林家正蔵(八代目・彦六の正蔵) | Tagged , | Leave a comment

松曳き~立川談志・桃月庵白酒【動画】

こうなっては切腹を斬らずばなるまい 松曳き~柳家小さん 粗忽な大名 赤井御門守が、殿様に輪をかけた粗忽者の家来 田中三太夫を呼びます。 築山の松の木が月を隠すので、泉水べりへ植え替えられないかと聞きます。 三太夫は、あの松は先代のお手植えの松、枯らすようになりますと先代を枯らすことになる。餅は餅屋と申しますので餅屋を呼 Continue reading

Posted in ま~も, 桃月庵白酒, 立川談志 | Tagged , | Leave a comment

西の旅(明石・舞子・須磨)~橘ノ圓都

上方の旅ネタ 西の旅三篇 西の旅・明石~橘ノ圓都 Watch 再生できない方はこちら おなじみ大阪の喜六、清八。「どうや、金毘羅はんへ参詣でもしよやないか」と讃岐の国・金毘羅山へ参詣をいたしまして帰りは播州めぐりと播州・ … Continue reading

Posted in あ~お, さ~そ, な~の, ま~も | Tagged , , , | Leave a comment

もう半分~古今亭志ん朝・雲助・今輔・志ん生他【動画】

背筋が寒くなる 圓朝怪談の極み もう半分~古今亭志ん朝【動画】 江戸時代、千住大橋近くに夫婦で営む小さな居酒屋がありました。 一緒になって七年になるがまだ子供はありません。 主人は真面目で朝から肴を作り、昼も飯を出しまし … Continue reading

Posted in ま~も, 五街道雲助, 古今亭今輔, 古今亭志ん朝, 古今亭志ん生, 金原亭馬生 | Tagged , , , | Leave a comment

操競女学校(みさおくらべおんながっこう)~三遊亭圓生・古今亭志ん生

圓朝作 孝女の敵討ち二編 圓生・志ん生の競演 操競女学校・お里の伝 麹町表三番町にお小納戸役を努めていた永井源助 ある日、永井が剣術の指南をした旧友、讃岐丸亀の京極備中守の家臣 村瀬東馬が永井を訪ね、村瀬の盟友の姪で十六 … Continue reading

Posted in ま~も, 三遊亭圓生, 古今亭志ん生 | Tagged , , , | Leave a comment

万金丹(鳥屋坊主)~桂歌丸・笑福亭仁鶴・柳家さん喬・立川談志・柳家小さん

ただし白湯にて用うべし 万金丹~桂歌丸【動画】 旅の二人、路銀も尽きて口にするものは水ばかり。もう歩けないというところで古寺を見つけます。 住職は快く二人を迎え、雑炊を振る舞われて食べてみますと赤土と藁の入ったひどいもの … Continue reading

Posted in た~と, ま~も, 柳家さん喬, 柳家小さん(五代目), 桂歌丸, 立川談志, 笑福亭仁鶴 | Tagged , , | Leave a comment

只今人気の演目です