演目一覧 : は~ほ

仏師屋盗人~笑福亭三喬

仏師屋盗人~笑福亭三喬 十両盗めば首が飛んだ江戸時代。 ある夜、仏師屋の家に強盗が入ります。仏師に刀を突きつけて「金を出せ」と脅しますが、仏師は落ち着いた様子。 「明かりをつけろ」と言うと、自分のことは自分でしろ、鴨居の … Continue reading

Posted in は~ほ, 笑福亭三喬 | Tagged , | Leave a comment

反対俥(いらち俥)~柳家喬太郎・林家染二・三遊亭遊雀・柳家権太楼・柳家花緑・桂春団治(初代)

反対俥~柳家喬太郎 明治から大正にかけて、人力車が人と足となっていた時代。 神田近く。終電までに上野駅に行きたいと、俥屋を探してしいる男。見つけたのは今川橋で居眠りをしている車夫。 上野まで急いでくれと乗り込みますと梶棒 … Continue reading

Posted in あ~お, は~ほ, 林家染二, 柳家喬太郎, 柳家権太楼, 柳家花緑, 桂春団治 | Tagged | Leave a comment

箒屋娘~桂小南

箒屋娘~桂小南 船場で木綿問屋を営む相模屋。 若旦那の宗三郎は、いつも部屋で本ばかり読んでいる。 大旦那の宗兵衛は論語読みの論語知らず、世間知らずなのも困るし、閉じこもってばかりでおかしな病気にでもなれば大変と、番頭に外 … Continue reading

Posted in は~ほ, 桂子南 | Tagged , | Leave a comment

へっつい盗人~笑福亭仁鶴・春風亭昇太・桂雀々・三遊亭百生・桂春団治

へっつい盗人~笑福亭仁鶴 清八のところへ遊びに来た喜六に、友達の松ちゃんが宿替えをしたので何か祝い物をしようと相談します。 「値安で、手軽で、場がある物」がいいなと清八が言うと、喜六はカンナ屑はどうか。 そんなものではな … Continue reading

Posted in は~ほ, 三遊亭百生, 春風亭昇太, 桂春団治, 桂雀々 | Tagged , | Leave a comment

羽織の遊び~古今亭志ん朝・三遊亭圓生

羽織の遊び~古今亭志ん朝 町内の若い者が集まって、吉原に行きたいが金がない。 そこへ通りかかった伊勢屋の若旦那。 なよなよとしてキザで色男ぶっているイヤな男だと周りは言いますが、一人が声をかけます。

Posted in は~ほ, 三遊亭圓生, 古今亭志ん朝 | Tagged , | Leave a comment

百人坊主~桂米朝

「腹立てん講」とは? 百人坊主~桂米朝 大阪近辺のある村。庄屋のところに村人が集まって、伊勢講の先達を引き受けてほしいと頼んでいます。 庄屋は毎年、毎年、伊勢参りに行くと必ず揉め事、喧嘩沙汰が起こるので嫌だと言います。

Posted in は~ほ, 三笑亭可楽, 桂米朝 | Tagged | Leave a comment

骨違い~三遊亭圓生

棟梁の息子を間男と間違えて殺し 骨違い~三遊亭圓生 ある大工の棟梁、女房を亡くして後妻をもらい、十七になる先妻の息子のゲン坊と三人で暮らしています。 ある日、大工の熊五郎の女房が棟梁の家に行くとゲン坊が自分の着物を繕って … Continue reading

Posted in は~ほ, 三遊亭圓生 | Tagged | Leave a comment

不孝者(茶屋迎い)~三遊亭圓生・桂文珍

貯めたがる使いたがるで家が揉め 不孝者~三遊亭圓生 道楽者の若旦那。下男の清造を伴に日本橋の山城屋へ出かけましたが、清造は謡いの会があるから先に帰ってきたと言う。 清造に様子を聞くと三味線を弾いてえらい騒ぎだと言う。謡の … Continue reading

Posted in は~ほ, 三遊亭圓生, 桂文珍 | Tagged , | Leave a comment

八五郎坊主~桂枝雀・桂文我・桂雀々・林家染二

つまらん奴は坊主になれ 八五郎坊主~桂枝雀 甚兵衛さんのところに来た八五郎。 「つまらん奴は坊主になれ」と言いますけど、どういう意味でしょう」と聞きますと、甚兵衛さんは、「何もしないでぶらぶらしている奴は世の中の役に立た … Continue reading

Posted in は~ほ, 林家染二, 桂文我, 桂枝雀, 桂雀々 | Tagged , | Leave a comment

法華坊主~桂米朝

鶏の鳴き声が法華坊主と聞こえて 法華坊主~桂米朝 法華宗の坊さん。村の若後家へ法要に再々出入りをしているうちに、割りない仲になります。 村の衆の目に付いてはいけないと世間が寝静まった頃に忍んでまいりまして、夜が明ける前に … Continue reading

Posted in は~ほ, 桂米朝 | Tagged , | Leave a comment

ふだんの袴~春風亭一之輔・林家正蔵

いささか普段の袴である ふだんの袴~春風亭一之輔 上野広小路の御成街道。侍相手の道具屋が多くあり、そのうちの一軒に貫禄のある侍が訪ねてきます。 墓参の帰りで供にはぐれた。少し休憩させてもらいたいと床机に腰をかけ、煙草入れ … Continue reading

Posted in は~ほ, 春風亭一之輔, 林家正蔵(八代目・彦六の正蔵) | Tagged | Leave a comment

バールのようなもの~立川志の輔【動画】

「バールのようなもの」というのは何なんでしょう バールのようなもの~立川志の輔【動画】 再生できない方はこちら(veoh) ある男、物知りのご隠居を訪ねて、わからないことが溜まってしまったので教えて欲しいと言います。 ラ … Continue reading

Posted in は~ほ, 立川志の輔 | Tagged , | Leave a comment

一人酒盛~三遊亭圓生・桂米朝・柳家小さん・笑福亭松鶴・桂枝雀・古今亭右朝

また燗をつけといてくれよ 一人酒盛~三遊亭圓生 仕事出かけようとしていた留公、急用があると聞いて熊五郎の家にやってきます。 熊五郎は、昔世話をした男が長らく上方に行っていたがひさしぶりに来て酒を持ってきたので一緒にやらな … Continue reading

Posted in は~ほ, 三遊亭圓生, 古今亭右朝, 柳家小さん(五代目), 桂枝雀, 桂米朝, 笑福亭松鶴 | Tagged , | Leave a comment

生きている小平次・二つ面~林家正蔵

小幡小平次二題 生きている小平次~林家正蔵 再生できない方はこちら(Veoh) 五月半ば、奥州郡山安積沼(あさかぬま)に船を浮かべて釣りをしている二人の男。 二人は幼馴染で、江戸の役者 小幡小平次(こはだ こへいじ)と太 … Continue reading

Posted in あ~お, は~ほ, 林家正蔵(八代目・彦六の正蔵) | Tagged , , | Leave a comment

ハナコ~立川志の輔

「予め申し上げておきます」 ハナコ~立川志の輔 温泉旅館に来た三人の男、女将が今日は仲居が一人休みで手が届かないところがあるかもしれないことを「予め申し上げておきます」と言います。 部屋に案内されるまでに、ここに段差がご … Continue reading

Posted in は~ほ, 立川志の輔 | Tagged , , , | Leave a comment

只今人気の演目です