演目一覧 : は~ほ

百人坊主~桂米朝

「腹立てん講」とは? 百人坊主~桂米朝 大阪近辺のある村。庄屋のところに村人が集まって、伊勢講の先達を引き受けてほしいと頼んでいます。 庄屋は毎年、毎年、伊勢参りに行くと必ず揉め事、喧嘩沙汰が起こるので嫌だと言います。

Posted in は~ほ, 三笑亭可楽, 桂米朝 | Tagged | Leave a comment

骨違い~三遊亭圓生

棟梁の息子を間男と間違えて殺し 骨違い~三遊亭圓生 ある大工の棟梁、女房を亡くして後妻をもらい、十七になる先妻の息子のゲン坊と三人で暮らしています。 ある日、大工の熊五郎の女房が棟梁の家に行くとゲン坊が自分の着物を繕って … Continue reading

Posted in は~ほ, 三遊亭圓生 | Tagged | Leave a comment

不孝者(茶屋迎い)~三遊亭圓生・桂文珍

貯めたがる使いたがるで家が揉め 不孝者~三遊亭圓生 道楽者の若旦那。下男の清造を伴に日本橋の山城屋へ出かけましたが、清造は謡いの会があるから先に帰ってきたと言う。 清造に様子を聞くと三味線を弾いてえらい騒ぎだと言う。謡の … Continue reading

Posted in は~ほ, 三遊亭圓生, 桂文珍 | Tagged , | Leave a comment

八五郎坊主~桂枝雀・桂文我・桂雀々・林家染二

つまらん奴は坊主になれ 八五郎坊主~桂枝雀 甚兵衛さんのところに来た八五郎。 「つまらん奴は坊主になれ」と言いますけど、どういう意味でしょう」と聞きますと、甚兵衛さんは、「何もしないでぶらぶらしている奴は世の中の役に立た … Continue reading

Posted in は~ほ, 林家染二, 桂文我, 桂枝雀, 桂雀々 | Tagged , | Leave a comment

法華坊主~桂米朝

鶏の鳴き声が法華坊主と聞こえて 法華坊主~桂米朝 法華宗の坊さん。村の若後家へ法要に再々出入りをしているうちに、割りない仲になります。 村の衆の目に付いてはいけないと世間が寝静まった頃に忍んでまいりまして、夜が明ける前に … Continue reading

Posted in は~ほ, 桂米朝 | Tagged , | Leave a comment

ふだんの袴~春風亭一之輔・林家正蔵

いささか普段の袴である ふだんの袴~春風亭一之輔 上野広小路の御成街道。侍相手の道具屋が多くあり、そのうちの一軒に貫禄のある侍が訪ねてきます。 墓参の帰りで供にはぐれた。少し休憩させてもらいたいと床机に腰をかけ、煙草入れ … Continue reading

Posted in は~ほ, 春風亭一之輔, 林家正蔵(八代目・彦六の正蔵) | Tagged | Leave a comment

バールのようなもの~立川志の輔【動画】

「バールのようなもの」というのは何なんでしょう バールのようなもの~立川志の輔【動画】 再生できない方はこちら(veoh) ある男、物知りのご隠居を訪ねて、わからないことが溜まってしまったので教えて欲しいと言います。 ラ … Continue reading

Posted in は~ほ, 立川志の輔 | Tagged , | Leave a comment

一人酒盛~三遊亭圓生・桂米朝・柳家小さん・笑福亭松鶴・桂枝雀・古今亭右朝

また燗をつけといてくれよ 一人酒盛~三遊亭圓生 仕事出かけようとしていた留公、急用があると聞いて熊五郎の家にやってきます。 熊五郎は、昔世話をした男が長らく上方に行っていたがひさしぶりに来て酒を持ってきたので一緒にやらな … Continue reading

Posted in は~ほ, 三遊亭圓生, 古今亭右朝, 柳家小さん(五代目), 桂枝雀, 桂米朝, 笑福亭松鶴 | Tagged , | Leave a comment

生きている小平次・二つ面~林家正蔵

小幡小平次二題 生きている小平次~林家正蔵 再生できない方はこちら(Veoh) 五月半ば、奥州郡山安積沼(あさかぬま)に船を浮かべて釣りをしている二人の男。 二人は幼馴染で、江戸の役者 小幡小平次(こはだ こへいじ)と太 … Continue reading

Posted in あ~お, は~ほ, 林家正蔵(八代目・彦六の正蔵) | Tagged , , | Leave a comment

ハナコ~立川志の輔

「予め申し上げておきます」 ハナコ~立川志の輔 温泉旅館に来た三人の男、女将が今日は仲居が一人休みで手が届かないところがあるかもしれないことを「予め申し上げておきます」と言います。 部屋に案内されるまでに、ここに段差がご … Continue reading

Posted in は~ほ, 立川志の輔 | Tagged , , , | Leave a comment

札所の霊験~三遊亭圓生

女のために人を殺めて 札所の霊験~三遊亭圓生 水司又市(みずしまたいち) 越後高田榊原藩の水司又市は、十二歳の時に両親に死に別れ、お国詰で文武の修行を十分にして、二十八の時、江戸詰を仰せ付けられました。 お国では鬼組と申 … Continue reading

Posted in は~ほ, 三遊亭圓生 | Tagged , | Leave a comment

化け物使い~古今亭志ん朝・立川談志・春風亭一之輔・古今亭志ん生・桂南光・桂三木助・林家正蔵

人使いの荒いご隠居が、幽霊屋敷に引っ越しをして 化け物使い~古今亭志ん朝 本所の割下水の吉田のご隠居、人使いが荒く奉公人が居着きません。 日本橋葭町の桂庵(口入れ屋)千束屋(ちづかや)に紹介されて来たのが杢助(もくすけ) … Continue reading

Posted in は~ほ, 古今亭志ん朝, 古今亭志ん生, 春風亭一之輔, 林家正蔵(八代目・彦六の正蔵), 桂三木助(三代目), 桂南光(べかこ), 立川談志 | Tagged , , , | Leave a comment

羽衣の松~古今亭志ん生

羽衣を我に返したまえ 羽衣の松~古今亭志ん生 美人の総取締りが天人。本当の美人だそうですが、この天人が東海道の三保と言う所へ降りた事がある。 あまりに眺めが良いので少し休んでいこうと、着ていた羽衣を脇の松へ掛けます。 そ … Continue reading

Posted in は~ほ, 古今亭志ん生 | Tagged , | Leave a comment

半分垢~古今亭志ん生・橘家圓喬(四代目)

話は内輪内輪にするものだ 半分垢~古今亭志ん生 ある江戸の関取が、上方へ修行に行きましてひさしぶりに江戸に帰ってきます。 贔屓の客が家を訪ねてきますが、おかみさんに寝ていると聞いて、起こさなくていい、巡業でさぞ大きくなっ … Continue reading

Posted in は~ほ, 古今亭志ん生 | Tagged , | Leave a comment

べかこ~桂米朝【動画】

狆が茶を吹いたような顔 べかこ~桂米朝【動画】 噺家の泥丹坊堅丸が九州の方へ巡業に行きまして御難(興行で客が入らない)に遭い、肥前の武雄という温泉場の宿屋 大黒屋市兵衛が助けてやろうと居候をさせてもらい、座敷や催しなどに … Continue reading

Posted in は~ほ, 桂米朝 | Tagged , | 1 Comment

只今人気の演目です