演目一覧 : た~と

髑髏柳~林家正蔵【動画】

髑髏に声をかけられて 髑髏柳~林家正蔵【動画】 戊辰戦争(明治元年~明治2年(1868年~1869年))の上野戦争で共に闘った元旗本の川村と鳥山。 明治7年、戦争後はじめて広小路で再会します。 お互いに近況を話し、翌日ゆ … Continue reading

Posted in た~と, 林家正蔵(八代目・彦六の正蔵) | Tagged , | Leave a comment

近眼の煮売屋~桂米朝

これって泥棒ですが・・ 近眼の煮売屋~桂米朝 昼間からご馳走を並べて一杯やっている清八。そこへやってきた喜六が「ごっそさん」と言い、どうしたのだと聞くと、友人から灘の酒を送ってもらったのだと言う。 料理は紀州のかまぼこ、 … Continue reading

Posted in た~と, 桂米朝 | Tagged , | Leave a comment

大名房五郎~三遊亭圓生

雨が降ると絵の中の人が傘を差す 大名房五郎~三遊亭圓生 下谷車坂に住む大工の棟梁 房五郎は、茶席を作らせると右に出る者がいないというほど腕がよい。 歳は二十九で九代目の市村羽左衛門に生き写しと言う、誠にいい男でしたが、女 … Continue reading

Posted in た~と, 三遊亭圓生 | Tagged , | Leave a comment

叩き蟹~三遊亭圓窓

情けは人のためならず 叩き蟹~三遊亭圓窓 再生できない方はこちらdailymotion 日本橋近くの餅屋で何やら騒ぎが起こっているのを聞きつけた旅人。 餅屋が餅を盗もうとした子供をつかまえて折檻しようとしているという。 … Continue reading

Posted in た~と, 三遊亭圓窓 | Tagged , | Leave a comment

搗屋無間~春風亭柳枝

堅物の徳兵衛が丸山花魁の絵姿に恋煩い 搗屋無間~春風亭柳枝 日本橋人形町の搗米屋 越前屋に十三年奉公している徳兵衛。 いたって堅物で道楽もなく、主人への預け金も十四、五両になっています。 その徳兵衛が寝込んでしまい、主人 … Continue reading

Posted in た~と, 春風亭柳枝 | Tagged , , , , | Leave a comment

つづら(つづら間男)~五街道雲助

間男は七両二分と値が決まり つづら(つづら間男)~五街道雲助 外から帰ってきた子供が母親のお兼に、友達がそんな雑布みたいな汚い着物を着てる奴のそばへ寄ると汚れると言って遊んでくれないと泣きます。 今縫っているのはお前の着 … Continue reading

Posted in た~と, 五街道雲助 | Tagged , , | Leave a comment

辻八卦~金原亭馬の助

忠臣蔵五段目を語る客に 辻八卦~金原亭馬の助 往来の辻占い。今日は師匠の十三回忌である。余興に当て物をしようと男を呼び止めます。 取り巻いていた男を呼んで、商売を当てよう「金物屋ではないですかな」と言うと当たっている。「 … Continue reading

Posted in た~と, 金原亭馬の助 | Tagged , | Leave a comment

頓馬の使者~柳家小さん

山田洋次作 恋女房の死を伝えに行く熊さん 頓馬の使者~柳家小さん 江戸の頃、女房のお菊に首ったけの八五郎、友達に誘われて吉原に遊びに行きますがこれがお菊に知れて家を追い出されてしまいます。 夫婦喧嘩は犬も食わないと長屋の … Continue reading

Posted in た~と, 柳家小さん(五代目) | Tagged , | Leave a comment

怪談乳房榎~桂歌丸・三遊亭圓生

重信の幽霊が絵を描き上げ 怪談乳房榎~桂歌丸 (調整中) 絵師 菱川重信 秋本越中守家中で二百十石を取っていた間与島伊惣次。 趣味の絵が評判になり、諸方から頼まれて絵を描いておりましたが、仲間からは侍ではない絵描きだと言 … Continue reading

Posted in た~と, 三遊亭圓生, 桂歌丸 | Tagged , , | Leave a comment

天狗さし~桂米朝

テンスキ屋を始めるには 天狗さし~桂米朝 昔、京都五条に念仏尺(ねんぶつさし)という竹の物差しを売っている店があった頃。 ご隠居の家に、相談があると訪ねてきた男。食べ物商売を始めようと思い、店の手金も打ってきた。世間にな … Continue reading

Posted in た~と, 桂米朝 | Tagged , | Leave a comment

遠山政談~三遊亭圓生

実話をもとにした非道な噺です 遠山政談~三遊亭圓生 再生できない方はこちら 女中が居付かない越前屋 石町二丁目で生薬を商う越前屋。奉公人を二十何人と使って、商売は盛大にやっていましたが、女中が居付きません。 短いものでは … Continue reading

Posted in た~と, 三遊亭圓生 | Tagged , | Leave a comment

苫ヶ島(とまがしま)~桂文我・笑福亭松鶴

出たな物の怪 苫ヶ島~桂文我 紀州公のご帰還 紀州の殿様 紀伊大納言頼宣が長らくの江戸詰めから久し振りに紀州の方へお帰りになります。 大名行列が和歌山へと近付いてまいりまして、いよいよ本日お国入りと聞き、和歌山の本町筋で … Continue reading

Posted in た~と, 桂文我, 笑福亭松鶴 | Tagged , | Leave a comment

大丸屋騒動~露の五郎・桂文枝【動画】

上方には珍しい世話物 でもオチはあります 大丸屋騒動~露の五郎 正宗と村正 刀には二つの種類があり、ひとつは人を守る刀、もうひとつは人を斬る刀。 正宗と村正を川に並べて置くと、川を流れる葉は正宗を避けて流れ、村正には吸い … Continue reading

Posted in た~と, 桂文枝(五代目), 露の五郎兵衛 | Tagged , , | Leave a comment

大師の杵~三遊亭金馬・春風亭小朝

川崎大師 女除けの由来 大師の杵~三遊亭金馬 空海上人が諸国を回って修行をしていた二十五歳の時、武蔵の国橘郡平間村、今の神奈川県川崎に来た時、名主の源左衛門宅に逗留いたします。 真言秘密の法というので、あらゆる病人の加持祈祷をしまして不治難病といえどもたちどころに治ると評判になり、近在から人が押し寄せます。 Continue reading

Posted in た~と, 三遊亭金馬, 春風亭小朝 | Tagged , | Leave a comment

田能久(たのきゅう)~三遊亭圓生・立川談志・立川平林【動画】

呑んでやるから裸になれ 田能久~三遊亭圓生

Posted in た~と, 三遊亭圓生, 立川談志 | Leave a comment

只今人気の演目です