演目一覧 : さ~そ

商売根問(しょうばいねどい)~桂米朝・桂雀太

ガタロ(河童)を捕まえる方法とは 商売根問~桂米朝 甚兵衛の家を訪ねてきた喜六。甚兵衛は「飯をどうやって食べているんだ?」「箸と茶碗で」「その米はどこから持ってくる」「米屋が運んできます」「米屋の払いはどうする」「それは … Continue reading

Posted in さ~そ, 桂米朝 | Tagged , | Leave a comment

米揚げ笊(ざるや)~桂米朝・金原亭馬生・笑福亭松鶴・五街道雲助・桂枝雀・桂文枝【動画】

「米を揚げる米揚げいか~きぃ!」 桂米朝~米揚げ笊 ある男、天満源蔵町の笊(いかき)屋重兵衛で売り子を探していると聞いて、紹介状をもらいます。 お前はしゃべりなので要らないことを喋らないように。「三言喋れば氏素性が現われ … Continue reading

Posted in か~こ, さ~そ, 五街道雲助, 桂枝雀, 桂米朝, 笑福亭松鶴, 金原亭馬生 | Tagged , , | Leave a comment

千両幟(稲川)~三遊亭圓生・雷門助六

乞食の差し出す蕎麦を快く食べる関取稲川に 千両幟(関取千両織桜)~三遊亭圓生 大阪相撲の稲川という力士が江戸へ出て来ましたが、十日間全勝をしても贔屓(ひいき)が出来ません。 もう大阪へ帰ろうかと考えているところへ、汚い乞 … Continue reading

Posted in あ~お, さ~そ, 三遊亭圓生, 雷門助六 | Tagged , | Leave a comment

仙台高尾~三遊亭金馬

あわれ仙台高尾の物語 仙台六十二万石伊達綱宗が三浦屋の万治の二代目高尾に夢中になりますが、高尾は島田十三郎と夫婦約束を交わしておりよい返事をしません。 側近が三浦屋と身請けの交渉をして七千八百両を出して高尾を仙台まで連れ … Continue reading

Posted in さ~そ, 三遊亭金馬 | Tagged , | Leave a comment

樟脳玉~三遊亭圓生

樟脳玉に火をつけて 樟脳玉~三遊亭圓生 博打で一文無しになった八五郎、兄貴分にいい儲け話があるので手伝ってほしいと言い、戸や仏壇を閉めさせ、猫まで追い出して話し出します。

Posted in さ~そ, 三遊亭圓生 | Tagged , | Leave a comment

芝居風呂~三遊亭圓生・林家正蔵

「お湯入りですか? ご見物ですか?」 芝居風呂~三遊亭圓生 歌舞伎好きの銭湯の主。銭湯を改造し、海鼠壁で煙出しは櫓、書き出しは薪拾い,中軸が流し,留めが釜前、板の間も湯船も芝居の趣向を施して『芝居風呂』と名付けて開業しま … Continue reading

Posted in さ~そ, 三遊亭圓生, 林家正蔵(八代目・彦六の正蔵) | Leave a comment

返し馬(品川の豆)~古今亭志ん好

バレ噺につき十八歳未満の方はロビーでお煙草を・・ 品川の豆~古今亭志ん好 大工の兄貴分が弟分達を集め、遊びに行こうと言い出します。 大師詣りに出かけると言えば、女房も文句は言えないだろうから朝早く発って、早駕籠で川崎大師 … Continue reading

Posted in か~こ, さ~そ | Tagged | Leave a comment

向う付け(三人無筆)~笑福亭仁鶴

帳場を任された無筆の男三人は・・ 向う付け~笑福亭仁鶴 お世話になったご隠居が亡くなり、お通夜に行った男。 明日の葬式に帳場を頼まれますが、この男、字の読み書きができません。 帳場にはあと二人男がおり、よかったと安心した … Continue reading

Posted in さ~そ, ま~も, 笑福亭仁鶴 | Tagged | Leave a comment

秋刀魚火事(さんま火事)~桂三木助

地主の吝い屋をやりこめたい 大家のところに長屋の連中が集まってきて、地主の吝い屋が癪にさわってしょうがない。一通り聞いてもらって知恵を借りたいと言います。 まずは2~3年前、皆で潮干狩りに行って、日本中の蛤を長屋の連中で … Continue reading

Posted in さ~そ, 桂三木助(三代目) | Tagged , , , | Leave a comment

真景累ヶ淵~桂歌丸

圓朝以来の「お熊の懺悔」を加えた通し7時間たっぷり 三遊亭圓生(林家正三・古今亭志ん朝)の真景累ヶ淵および各解説はこちらへ 真景累ヶ淵~桂歌丸 真景累ヶ淵 1/7「宗悦殺し」

Posted in さ~そ, 桂歌丸 | Tagged , , , , | 1 Comment

紫檀楼古木(したんろうふるき)~三遊亭圓生・林家正蔵

珍しい狂歌噺 紫檀楼古木~三遊亭圓生 紫檀楼古木という狂歌師。蔵前で羅宇問屋を営んで財をなしましたが、番頭に店を任せて自分は狂歌三昧。 そのうち番頭が大きな穴を開けて姿をくらまし、借財だけが残って店もとられて裏店住まいに … Continue reading

Posted in さ~そ, 三遊亭圓生, 林家正蔵(八代目・彦六の正蔵) | Tagged | Leave a comment

三人兄弟~橘ノ園都・柳家小里ん

二階で謹慎中の三人兄弟が 三人兄弟~橘ノ園都 Watch 再生できない方はこちら(veoh) 船場の相当なお店に三人の息子がおり、これが揃っての遊び人。 長男の作次郎は若旦那らしい上品な遊び、次男の彦三郎は着流しの雪駄ば … Continue reading

Posted in さ~そ, 柳家小里ん, 橘ノ園都 | Tagged , , , | Leave a comment

写真の仇討ち(指切り)~林家正蔵・桂小南・三遊亭円歌・雷門花助

晋の予譲に倣って怨みを晴らせ 指切り~林家正蔵 宴会で親切にされた芸者と馴染んで貢いでいたが、その芸者に男があった。女を殺して自分も腹を切ると言う信次郎に、叔父は中国の故事を話します。 昔、晋国の智伯が趙襄子に殺され、そ … Continue reading

Posted in さ~そ, 三遊亭円歌(二代目), 林家正蔵(八代目・彦六の正蔵), 桂子南, 雷門花助 | Tagged , | Leave a comment

塩原多助一代記~古今亭志ん生・古今亭今輔・三遊亭圓生

『本所に過ぎたるものが二つあり 津軽屋敷に炭屋塩原』 塩原多助一代記・青の別れ~古今亭志ん生 塩原太助 上州沼田の塩原角右衛門は、三百石の田地を有する豊かな家で、後添いのお亀と娘のお栄、養子の多助の四人、お栄と多助を夫婦 … Continue reading

Posted in さ~そ, 三遊亭圓生, 古今亭今輔, 古今亭志ん生 | Tagged , | Leave a comment

ざこ八~桂南光・桂三木助【動画】

「ざこ八」を潰したのはお前さんだよ ざこ八~桂南光 枡屋新兵衛を訪ねた男。 叔父さん、眼鏡屋の弟の鶴でございます、十年ほど東京へ行っていてずいぶんご無沙汰しておりますと挨拶をします。 町内の様子がずいぶん変わっていると聞 … Continue reading

Posted in さ~そ, 桂三木助(三代目), 桂南光(べかこ) | Tagged , | Leave a comment

只今人気の演目です