演目一覧 : か~こ

金玉医者(藪医者)~立川談志・柳家小さん・柳亭市馬【動画】

金玉医者~立川談志【動画】 八丁堀の大店 気鬱の病でふさぎ込んで寝ている伊勢屋の娘に、旦那はいろんな医者を呼んできますがいっこうに良くなる気配がない。 ある日、男が、上州館林で急に首が回らなくなり、腕が曲がり、足が曲がっ … Continue reading

Posted in か~こ, 柳亭市馬, 柳家小さん(五代目), 立川談志 | Tagged , | Leave a comment

小粒~桂文治

小粒~桂文治(九代目) 体が小さいのをいつも友達からからかわれている留さん。 往来を這いずって何してんだ、そっちから来る人の下駄の歯にはさまっちまうぞ。 大掃除に来てくれて縁の下にしゃがまずに入ったなどなどと言いたい放題 … Continue reading

Posted in か~こ, 桂文治 | Tagged | Leave a comment

開帳の雪隠~桂米朝・三遊亭圓生・立川談志

開帳の雪隠~桂米朝 寺院の出開帳(仏像を他の寺院に出張して公開)で、有料の雪隠(トイレ)で商売をしようと思いついた二人。 人出が多い上に女性は立ち小便というわけにもいかず、食べたくもない料理屋や茶屋に入って用足しをしなけ … Continue reading

Posted in か~こ, 三遊亭圓生, 桂米朝, 立川談志 | Tagged | Leave a comment

五月幟~春風亭柳枝・柳屋小袁治

五月幟(五月のぼり)~春風亭柳枝 酒呑みの熊さんの家では、息子の初節句というのに祝い事をする金もない。 女房の兄が見かねて人形でも買ってやれと金を渡すのを見ていた熊さん、「俺が人形を買ってくる」と言い出します。 女房は金 … Continue reading

Posted in か~こ, 春風亭柳枝, 柳家小袁治 | Tagged , , | Leave a comment

釜泥(釜盗人)~柳家三三・桂文我・三遊亭楽太郎・Tommy’s rakugo

釜泥~柳家三三 大泥棒 石川五右衛門が釜茹での刑になったことから、泥棒仲間が世の中から釜をなくしてしまおう、釜という釜をすべて盗んでやろうと相談がまとまります。 まず標的になったのが豆腐屋さん。 釜を盗まれては商売ができ … Continue reading

Posted in か~こ, 三遊亭円楽(六代目・楽太郎), 柳家三三, 桂文我 | Tagged , | Leave a comment

貝野村~桂小南

貝野村~桂小南 大阪船場で二十人余りの使用人で呉服屋を営むお店。 大旦那の若旦那の二人で若旦那は「今業平」と言われるほどの良い男。 ここに出入りの棟梁の世話で丹波貝野村の庄屋の娘「おもよ」が女中に入ります。 「おもよ」は … Continue reading

Posted in か~こ, 桂子南 | Tagged , | Leave a comment

近日息子~桂文朝・桂三木助・ 三遊亭吉窓・柳家喜多八・笑福亭純瓶

近日息子~桂文朝 与太郎が父親に怒られています。 息子に新しい芝居がかかると教えられて見に行ったが閉まっていた。 息子は「近日より」の文字を見て一番近い日(明日)だと思ったのだと言う。

Posted in か~こ, 三遊亭吉窓, 柳家喜多八, 桂三木助(三代目), 桂文朝, 笑福亭純瓶 | Leave a comment

喜撰小僧~春風亭柳枝

喜撰小僧(きせんこぞう)~春風亭柳枝 丁稚の定吉が、おかみさんに呼ばれて旦那の後をつけていくようにと命じます。 定吉が後をつけていきますが旦那に見つかり、旦那は仕方がないと定吉を連れて妾の家に入っていきます。

Posted in か~こ, 春風亭柳枝 | Tagged , | Leave a comment

桂三輝(Katura Sunshine)の英語落語

日本再発見! 桂三輝(Katura Sunshine)の英語落語 日本について(About Japan) はじめに.落語とは(Introduction) 其の一.日本の暑さ対策はマインドゲーム(Mind Game) 其の … Continue reading

Posted in か~こ | Leave a comment

米揚げ笊(ざるや)~桂米朝・金原亭馬生・笑福亭松鶴・五街道雲助・桂枝雀・桂文枝【動画】

「米を揚げる米揚げいか~きぃ!」 桂米朝~米揚げ笊 ある男、天満源蔵町の笊(いかき)屋重兵衛で売り子を探していると聞いて、紹介状をもらいます。 お前はしゃべりなので要らないことを喋らないように。「三言喋れば氏素性が現われ … Continue reading

Posted in か~こ, さ~そ, 五街道雲助, 桂枝雀, 桂米朝, 笑福亭松鶴, 金原亭馬生 | Tagged , , | Leave a comment

風の神送り~桂米朝

「風の神ぃ 送ろ~ 風の神ぃ 送ろ~」 風の神送り~桂米朝 昔は風邪でも、今で言えばインフルエンザのようにちょっと寝て休んだぐらいでは治らない風邪が流行った時には、風(風邪)の神送りということをやりました。 虫送り、疱瘡 … Continue reading

Posted in か~こ, 桂米朝 | Tagged , , | Leave a comment

小判一両~三遊亭圓生

親の形見の一両小判。恩が仇となり 小判一両~三遊亭圓生 笊(ざる)屋の安七には昔、女房子供がありましたが、二人を亡くしたことからやけになり、博打で身をもちくずします。 安七の父は、やけにならず堅気になって商売でもするよう … Continue reading

Posted in か~こ, 三遊亭圓生 | Tagged , | Leave a comment

心のともしび~三遊亭圓生

無筆の町人が読み書きを字を覚えたい理由とは 心のともしび~三遊亭圓生 昔、大正の頃までは読み書きが全くできない人もおりました。 長屋で傘張りをしている浪人のもとに、今日も羅宇屋の源六がが来て字を教えてくれとい言います。 … Continue reading

Posted in か~こ, 三遊亭圓生 | Tagged , | Leave a comment

九段目~三遊亭圓生

三遊亭圓生~九段目 近江屋のお祝いにお店一同で素人芝居をしようということになり、仮名手本忠臣蔵九段目『本蔵』をやることに決まります。 本蔵役が病気で倒れ、急遽代役を立てることになり、本職は按摩で片手間に医者もやるという愛 … Continue reading

Posted in か~こ, 三遊亭圓生 | Tagged , , | Leave a comment

返し馬(品川の豆)~古今亭志ん好

バレ噺につき十八歳未満の方はロビーでお煙草を・・ 品川の豆~古今亭志ん好 大工の兄貴分が弟分達を集め、遊びに行こうと言い出します。 大師詣りに出かけると言えば、女房も文句は言えないだろうから朝早く発って、早駕籠で川崎大師 … Continue reading

Posted in か~こ, さ~そ | Tagged | Leave a comment

只今人気の演目です