鼠穴~立川志の輔・立川談志・三遊亭圓生・桂福團治・三遊亭圓楽【動画】



必ず、必ず鼠穴は塞いでおいておくれ

立川志の輔~鼠穴

父親が亡くなり、兄と弟の竹次郎で田畑を分け、兄は江戸に出て大きな店を持ちますが、竹次郎は酒、女、博打にも手を出して一文無しで自分を雇ってくれと兄を訪ねます。

兄は商売の元手を貸してやる、無駄遣いはするなと包みを渡します。

喜んだ竹次郎、鬼のようだと言われて評判の悪い兄が快く金を出してくれたことに喜びながら兄の家を出ます。

今日は江戸の酒を飲んでみたいと思った竹次郎、兄のくれた包みを開けると、中に入っていたのはたったの三文。

馬鹿にしやがってと思ったが、「地べたを掘っても三文は出てこない」と思い直し、小銭をくくる藁の「さし」の商売から始めて、十年後、蔵三棟を持つ大きな廻船問屋の主になります。

十年前に借りた三文、別に五両、紙に包み、今日は風が強くて火事が心配だから鼠穴は必ず塞いでおくようにと店の者に言いつけて、兄の家に向かいます。

迎えた兄は、あの時大きな金を貸していれば、また遊びに使ってしまったろう、お前のための三文だったと言い、酒を酌み交わします。

覚書

本当に兄が弟のために、愛情を持った上で非情なふるまいをしたのか、解釈が分かれるところです。

もともと兄の世間の評判は非常に悪く、遊びで無一文になった弟に対して三文投げて勝手に生きて行け、食い詰めて死んでもなんとも思わないという気分が、その時点ではあったのではないか。

談志は、「所詮人生、成り行きなんでしょうなあ。だけど成り行きだけじゃどうも面白くないから後で勝手な理屈をつけているような気がします」と言っていました。

一方で、兄を商売や金に厳しいだけの善人とすると、弟の潜在意識がどうもさもしいものに見えてきます。

立川談志~鼠穴

三遊亭亭圓生~鼠穴【動画】

桂福團治~ねずみ穴

三遊亭圓楽~鼠穴

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in な~の, 三遊亭圓楽, 三遊亭圓生, 桂福団治, 立川志の輔, 立川談志 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*