鹿政談~三遊亭圓生・柳家小三治・桂米團治・三遊亭円歌・五街道雲助【動画】



鹿政談~桂米朝【動画】


奈良東大寺近くで三条横町の豆腐屋を営む六兵衛は、早朝に豆腐の仕込みをしているところ、外に出してあった「オカラ(切らず・卯の花)」を食べている犬に薪割りを投げつけます。
当たり所が悪かったと見えて倒れて動きません。
近寄って見てみると、犬ではなく鹿。奈良の鹿は神の遣い。
これを殺すと石子詰めという死罪になります。

覚書

米朝の威厳のある奉行役は他の噺家を寄せ付けません。

鹿を殺したら殺した者も死罪。
興福寺から見て五重塔の南、三条通りを渡ったところに十三鐘(じゅうさんかね)の通称で親しまれる奈良の菩提院大御堂の隣に寺子屋があります。

昔、ここで学んでいた三作という子供が、寺子屋に侵入していきた鹿が大事なお手本を食べるのを見て文鎮を投げつけたところ、鹿は死んでしまいます。

鹿を殺せば理由に関わらず死罪。三作は死んだ鹿と一緒にこの大御堂の庭に生き埋めにされてしまいます。

石子詰になった時刻が夕方の六つと七つの間だっことから十三鐘と言われるようになり、現在も御堂の東の庭に三作の墓が残ります。

三遊亭圓生 鹿政談

柳家小三治 鹿政談

桂米團治 鹿政談

三遊亭円歌 鹿政談

五街道雲助 鹿政談


こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in さ~そ, 三遊亭円歌(二代目), 三遊亭圓生, 五街道雲助, 柳家小三治, 桂米團治(五代目・小米朝), 桂米朝 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

関連演目 "鹿政談~三遊亭圓生・柳家小三治・桂米團治・三遊亭円歌・五街道雲助【動画】"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*