除夜の雪~桂米朝【動画】



桂米朝~除夜の雪

小さな寺の年越し。
夜になり雪も降ってきまして、庫裡で3人の修行僧が寒い寒いと言いながら話し合っています。

修行僧の大念がもっと炭を放り込め、弟弟子の悦念に言いますが、安い炭ですぐ燃え尽きてしまうと言っていますと、もう一人の弟弟子、珍念が僧正の部屋から固炭をもってきたり、良いお茶をくすねてきたりします。

そこへ檀家の伏見屋の若御寮が「前にお借りしとりました提灯をお返しに」と訪ねてきますが・・。

覚書

戦後の復興期に始まった「新作落語研究会」の中心となって新作落語を作り続けた永滝五郎の作品です。
後味のよい噺ではないですが、冬のしっとりとした風情が感じられます。

米朝一門以外では聞いたことがないですが、立川談春が最近高座にかけていますね。

サゲは「ここに提灯、あそこに釣り鐘」で、不運な御寮さんと伏見屋に重ねます。
ここで切る場合が多いですが、米長は続けて「釣り合わぬは不縁のもとだんなぁ・・」と述懐します。

提灯と釣鐘は、形も似てどちらもつり下げて使うものですが、重さや大きさなどがまったく違うことから、「提灯に釣鐘」「月とスッポン」「雲泥」など、外見は似ていてもまったくつり合わないものを例えて言います。

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in さ~そ, 桂米朝 and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*