鈴振り~古今亭志ん生



鈴振り~古今亭志ん生

藤沢の遊行寺というお寺。千人からの弟子を抱える大きなお寺です。

さて、この寺では大僧正が高齢となりますが、弟子は皆19~20歳そこそこと歳が若い。
この中から次の大僧正となる者を選ぶのにどうすればよいかと、大僧正やその側近が考え出したのが、
五戒(ごかい)のひとつ、邪淫戒(じゃいんかい)のテストでした。

覚書

志ん生専売の艶笑落語の傑作。お座敷などのかくし芸的な艶話として語られました。

文政4年(1821年)出版の松浦静山著『甲子夜話』を原話とするもので、五戒の一つである『邪淫戒』のテストとして行われ、弟子が全員失格となりますが、あとで住職が真っ先に失格していたことが判明します。

噺の中で「五戒」と「十八檀林」という言葉が出て淡々と解説をしていく場面があり、聞き手には少し退屈な時間となりますが、この段があることで噺に重みが加わっているように思います。

五戒(ごかい)

仏教で、男女問わず、在家の信者が守るべきとされる五つの戒(いましめ)のこと。

1.飲酒戒・・酒ぇくらってはいけない
2.妄語戒・・嘘を言ってはいけない
3.偸盗戒・・盗んではいけない
4.殺生戒・・生き物を殺してはいけない
5.邪淫戒・・女と接してはいけない

十八檀林(じゅうはちだんりん)

「十八檀林」は関東の浄土宗十八箇所の学問所で、江戸時代初期に定められ、
大僧正になるためには、この18の寺で修行をしなければなりません。

1.下谷の幡随院(東京都小金井市)昭和15年(1940年)に浅草神吉町より移転。
2.鴻巣の勝願寺(埼玉県鴻巣市)
3.川越の蓮馨寺(埼玉県川越市)
4.岩槻の浄国寺(埼玉県さいたま市岩槻区)
5.下総小金の東漸寺(千葉県松戸市)
6.生実(おゆみ)の大巌寺(千葉県千葉市)
7.滝山の大善寺(東京都八王子市)
8.常陸江戸崎の大念寺(茨城県稲敷市)
9.上州館林の善導寺(群馬県館林市)
10.本所の霊山寺(東京都墨田区)
11.結城の弘経寺(茨城県結城市)
  ここで紫の衣一枚となるまで修行をしなければならない。
12.下総国飯村の弘経寺(茨城県常総市)
  ここは十八檀林のうちで「隠居檀林」といって、この寺で、たいがい体が尽きちゃう。
  そこを一心になって修行をして、
13.深川の霊巌寺(東京都江東区)
14.上州新田の大光院(群馬県太田市)
15.瓜連の常福寺(茨城県那珂市)
  そうして紫の衣二枚になって、
16.小石川の伝通院(東京都文京区)
17.鎌倉の光明寺(神奈川県鎌倉市)
  そこで緋の衣1枚となって、
18.増上寺(東京都港区)
  緋の衣二枚となってはじめて大僧正の位になるという・・ここまでの修行が大変であります。

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in さ~そ, 古今亭志ん朝 and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*