野ざらし(骨つり)~春風亭柳好・桂米朝・古今亭志ん朝・立川談志・柳屋小三治【動画】



野ざらしのしゃれこうべに回向をすれば

春風亭柳好(三代目)~野ざらし


「野ざらしの柳好」の異名をとった三代目柳好の名演です。

長屋の八五郎、昨夜、隣の浪人 尾形清十郎の部屋から女の声が聞こえてきたのを訝しみ、翌朝、清十郎に女嫌いだと言っていたのに昨日の女はどういうわけだと聞きます。

清十郎は、あれはこの世のものではない。向島で魚釣りをした帰りに、野ざらしのしゃれこうべを見つけて、酒を振りかけて手向けをしたところ、その骨の幽霊がお礼に来たのだと言います。

それを聞いた八五郎は「あんな美人が来てくれるなら、幽霊だってかまわねえ」と尾形の釣り道具を借りて酒を持って向島へ向かいます。


幇間調か売り声調か、底抜けに明るくて独特の歌うような言い回しに客席の笑いが絶えません。

桂文楽(八代目)は「こんなにすごいの聞いたらもう演じられない」と、野ざらしを高座にかけることを止めてしまったと言います。

桂米朝~骨つり【動画】


上方では骨つり(こつつり)という題で、ストーリーはかなり違います。

商家の若旦那が、芸者衆と幇間の茂八を連れて魚つりに出かけ、若旦那が釣った魚一寸につき一円の祝儀をあげると言ったことで幇間の茂八が張り切って釣竿を振り回し、自分の鼻に釣り針を引っかけてしまい、「わたい、背が5尺3寸ですさかい五十三円」

次に釣り上げたのがしゃれこうべ。ゲンが悪いと捨てようとしますが、若旦那が供養をしてやれと言い、茂八は寺で供養に向かいます。

その夜、茂八の家に若く美しい女が来て、供養していただいたお礼にお寝間のお伽をさせていただきます。

それをのぞき見していた隣の男、釣竿を持って大川へ。


サゲは、米朝は「やはりかまに縁がある」とやることが多かったですが、「あぁ、それで釜割りにきたか」というのが一般的で、男色のオカマと五右衛門の釜茹でをかけたものになっています。

原典は中国(明)の小話衆「笑府」で、こちらでは張飛がやってきて「粗臀を以て奉献せんとす」と尻を差し出しています。

また、骨を供養して幽霊が礼に来るというくだりは、「天神山(安兵衛狐)」と同じ展開ですが、原典は浄瑠璃にあり、登場人物も「芦屋道満大内鑑」葛の葉に沿って、保名が安兵衛、狐獲りの男を各右ェ門(悪右衛門)、子供は童子となっています。

古今亭志ん朝~野ざらし

立川談志~野ざらし【動画】

柳屋小三治~野ざらし【動画】

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in か~こ, な~の, 古今亭志ん朝, 春風亭柳好, 柳家小三治, 桂米朝, 立川談志 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*