転宅~三遊亭金馬・柳家小三治・柳亭市馬・橘家文左衛門・桃月庵白酒



どうするどうする

転宅~三遊亭金馬

あるお妾。旦那は今日は泊まれないと次を約束して帰るのを五六間見送りして家に戻ります。

戸締まりをして座敷に入ると、男が座敷に上がりこんでお膳に残っていた料理を食べて酒を飲んでいる。

男は、俺は泥棒だとすごんで見せますがお妾は驚かず、自分も同業だ、今の旦那には愛想が尽きている。お金もあるから連れて逃げてくれと言います。

この場で盃を交わし、明日の昼に迎えに来てほしい。あそこへ行きたいここへ行きたいと言い、夫婦は一心同体と泥棒の紙入れを預かります。

覚書

笑本「はつわらい」(天明8年(1703年)刊)の「かたり」を元にした古典落語。
娘義太夫が大変に流行った明治中期に作られたものと言われます。
山場にかかると書生たちが「どうするどうする」と叫んで「どうする連」という言葉も生まれました。

義太夫や浄瑠璃は身近なものでなくなってしまいましたが、噺の展開はおもしろいので東西の高座にかかり、サゲも演者によって工夫されています。

転宅~柳家小三治

転宅~柳亭市馬

転宅~橘家文左衛門

転宅~桃月庵白酒

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in た~と, 三遊亭金馬, 柳亭市馬, 柳家小三治, 橘家文左衛門 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*