足上がり~桂米朝・桂文枝・桂吉朝



筆の先から出たお金で・・

足上がり~桂米朝


ある大店の番頭は、店の金をごまかしては芸者遊びや芝居に興じています。

今日もお茶屋の芸妓をはべらせて芝居見物。
お伴の丁稚定吉がそろそろ帰るというので、帰ったら、番頭は播磨屋さんのところで碁を打っていると言えと教え、小遣いをにぎらせます。

店に帰って旦那に教えられた通り言うと、播磨屋さんが今さっきまでここに居た。と言われ、定吉は白状してしまいます。

「金は筆の先から出る」と聞いた旦那は激怒し、明日請け人を呼んで話をつけると言って奥へ。

帰って来た番頭、上機嫌で定吉が帰った後の芝居 「東海道四谷怪談」の「蛇山庵室の場」を話して聞かせます。

覚書

「足が上がる」は「解雇」の意味。
サゲは「宙に浮くはず、すでに足が上がってます」というものですが、もう通じません。。

三代目文団治から四代目米團治、米朝から一門へと引き継がれています。

足上がり~桂文枝

足上がり~桂吉兆








こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in あ~お, 桂吉朝, 桂文枝(四代目), 桂米朝 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*