貧乏神~桂枝雀【動画】



頼むから働いてくれと泣いて頼む貧乏神

貧乏神~桂枝雀【動画】

女房 お咲に逃げられた男。訪ねてきた家主に、今日は頭が痛いので仕事を休むと言ったらお咲が布団を剥いだのだと言う。

それはお咲さんがいけないと大家は言いますが、よく聞いてみると昨日はお腹が痛い、一昨日は腰が痛いとここ二月ばかり仕事には行っておらず、女房が内職をしていますが家賃も払えず、周りから二十五銭ずつ借りて二月暮らしていたと言います。

大家は呆れて帰り、男は腹が減ってきたが食べるものもないからと寝てしまいます。

ふと人の気配を感じて目を覚ましますと、がりがりに痩せた汚い爺が枕元に座っています。

お前は誰だと問いますと「貧乏神だ」と答えます。

覚書

大阪府生まれで演芸や落語、狂言作家で「幽霊の辻」「茶漬えんま」「遺言」などの噺を作った小佐田定雄が、枝雀のために書き下ろした新作落語です。

貧乏神が男に、頼むから働いて金を稼いでくれと泣いて頼む、男に金を貸したり内職をしたりと噺の筋もさることながら昭和の爆笑王枝雀の高座に笑いが絶えません。

貧乏神~林家染二【動画】

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in は~ほ, 林家染二, 桂枝雀 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*