試し酒~柳家小さん、文楽、志ん朝他【動画】



柳家小さん~試し酒


近江屋の主人の下男久蔵は底のない酒飲み、一度に五升の酒を飲むという話を聞いた尾張屋の主人。久蔵を呼び入れ、興味を持ってここで五升の酒を飲んでみろと言います。

飲めなければ主人が散財をするというので、久蔵は少し考えさせてくれと外に出ていきます。
戻ってきた久蔵、貝でできた一升入る可杯(べくはい 盃の底にちいさな穴があり、指でその穴をふさいて飲みほさなければ下に置くことができないもの。漢文で「可」の字は必ず上に置かれる(下に置かない)ことからこう呼ばれます)で、五升の酒を飲みはじめます。

この噺は一升空けるたびに少しずつ酔いが進み、愚痴を言ったり、身の上を嘆いたりするところが醍醐味。呑むしぐさに、こちらも呑んでいるような気分になります。

大正から昭和初期に、あまり売れなかったですが三升家勝太郎という噺家が無類の酒好きで、高座でこの噺をやるとき客から樽酒を渡され、実際に飲み干したという逸話が残ります。

桂文楽~試し酒

こちらは映像です。

古今亭志ん朝~試し酒

桂米朝~試し酒

柳家権太楼~試し酒

春風亭柳橋~試し酒

桂文楽~試し酒【動画】

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in た~と, 古今亭志ん朝, 春風亭柳橋, 柳家小さん(五代目), 柳家権太楼, 桂文楽, 桂米朝 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*