芋俵~柳家小さん・桂文三・柳亭市馬・三遊亭萬橘・三遊亭圓彌【動画】



与太郎を芋俵に入れて

芋俵~柳家小さん

とある大店に盗みに入る相談をしている二人の盗賊。

ここは締りが厳重だが、芋俵に芋の代わりに人を入れ、向こうが店をしまうという頃に店へかついでいく。

さっきの芋屋で釣り銭を忘れたが芋俵は重い、後で取りに参りますのでちょっと預かってもらいたいと頼んでそのまま置いて取りにいかない。

店ではこんなとこに置いといてはいけないと中へ入れてくれる。

みんなが寝入った頃を見はらかって、俵から出てきた奴が錠をあけて、俺たちが入るっていう寸法だ。

芋俵をかつぐのには二人いる。芋俵の中に入るのと合わせて三人が必要だと与太郎を仲間に引き入れ、俵の中に入れてしまいます。

覚書

狂言の「柑子俵」(こうじだわら)をもとにした噺で上方では「芋屁」。
20分前後で笑いも多いのでよく高座にかかります。

柳家のお家芸として受け継がれ五代目も得意にしていました。
四代目が人形町の末廣で演じた時に、高座を降りたあとに皆が笑いだし次が上がれなかったことがあり、本当の落語はこういうもんなんだとその場に居合わせた五代目が感じ入ったという話が残ります。

芋俵~桂文三【動画】

芋俵~柳亭市馬

芋俵~三遊亭萬橘(きつつき)

芋俵~三遊亭圓彌

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in あ~お, 三遊亭萬橘, 柳家小さん(五代目), 桂文三 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*