胴乱の幸助~桂米朝・桂枝雀・桂小南治・桂文我・桂文珍【動画】



喧嘩の仲裁が唯一の趣味という割木屋のおやっさん お半長右衛門の話を聞きつけ

桂米朝~どうらんの幸助【動画】


「どうらん(胴藍 胴乱)」は、腰に下げる物入れで、江戸時代初期に鉄砲の弾丸入れとして用いられていたものですが、明治期には薬や印などを入れるものとして使われ、革や布製で手さげ、肩掛けの胴乱も作られました。

主人公は、この胴乱をいつも身につけている割木屋の幸助。
喧嘩の仲裁が趣味で、犬の喧嘩でも仲裁に入るという徹底ぶりで、このあたりでは「胴乱の幸助」という名前で知られています。

ある日二人の若者がタダ酒を飲もうと、幸助の通るのを見計らって相対喧嘩の算段をするところから噺が始まります。

この喧嘩を収めた幸助、町を歩きはじめます。

ある家で浄瑠璃の稽古をしていて、その前に二三人が覗いています。
中では「桂川連理の柵 帯屋」お半長右衛門の一節を稽古しており、姑が嫁いじめをする場面にかかります。
「親じゃわやぁい、チェーあんまりじゃわいなぁ」

覗き込んでいた人が話を交わします。
「この帯屋ちゅう芝居は、芝居やとわかっててもムカムカしまんなぁ」
「長右衛門さんとおのお絹っちゅう嫁さんがいじめられるとこなぁ、あんな憎たらしい婆おまへんなぁ」

さて、これを聞きつけた幸助、嫁いじめとは放っておけないと、中に入ります。
幸助は浄瑠璃を知らず、柳の馬場押小路、虎石町の西側の帯屋長右衛門という家の話であるとの情報を得て京都へ向かいます。

今聞いても本当に可笑しい噺ですが、浄瑠璃の流行っていた明治期ではこのお半長、「お半長右衛門」は子供でも知っていた話で、当時の客の沸きようは大変なものだっただろうと想像がつきます。

桂枝雀~胴乱の幸助【動画】


二人の喧嘩の様子は最高におかしいですね。

米朝の噺では、幸助は浄瑠璃の稽古をしているところへ乗り込みますが、枝雀のものでは集まっている人からお半長の話を聞きます。

大筋が変わるわけではありませんが、米朝演出では集まっている人に「あんたら面白そうに窓越しに眺めてわあわあ言うて、中へ入って仲裁してやろうという奴はおらんのか」と中へ入り、主を呼び出し、「近所の人は皆笑いもんにしてまんねんで。見るに見かねて入ってきました」

というくだりがあり、さらなる笑いを生んでいます。当時の浄瑠璃の流行を仕事ばかりしていたので知らないという納得できる説明や、陸蒸気が走っているが石炭の匂いが苦手で八軒屋から伏見へ船で行く、というサゲへの伏線もみごとです。

桂小南治~胴乱の幸助


東京ではさすがに京都へ行くわけにかないということでしょうか。
最初の二人の喧嘩が収まり、「ワシがこの道を通らなかったらどうなってたんだ」「おやっさんがここを通らなかったら、この喧嘩はなかったんです」
でサゲになります。

桂文我(三代目)~胴乱の幸助

桂文珍~胴乱の幸助

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in た~と, 桂小南治, 桂文我, 桂文珍, 桂枝雀, 桂米朝 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*