紺屋高尾~立川談春・三遊亭圓生・立川志の輔・立川談志・国本武春(浪曲)・柳家花緑・三遊亭栄馬・桂歌丸・桂文朝・三遊亭圓楽【動画】



「傾城(けいせい)に誠なしとは誰(た)が言うた」紺屋高尾の一席でございます。

立川談春~紺屋高尾【動画】

神田の紺屋染物職人の久蔵。十一歳の時から奉公し、二十六となった今でも真面目一方で働いてきましたが、ここ三日ほど寝込んで床が上がりません。

心配してようやく聞き出したところ、花魁道中を見て吉原三浦屋の花魁 高尾太夫に一目惚れをしてしまった恋患いと言います。

花魁、しかも当時全盛、江戸一番といわれた高尾太夫。殿様道具となどとも云われ、庶民が望んでも手の届くものではありません。

しかし、買えないものではないと言われ、その気になった久蔵。
三年の間食も寝る間も惜しんで働き、ようやく九両という金を貯め、旦那に一両足してもらって十両、羽織袴も旦那のものを借り、流山の大店(おおだな)若旦那ということにして、近所の薮医者で吉原にもなじみの竹内蘭石を頼んで吉原へ出かけます。

晴れて念願の高尾と一夜を過ごした久蔵と高尾。

「お裏はいつざます」と聞く高尾。
「裏」というのは、二度目のこと。一回目を初見、二回目裏と言い、三回目からは馴染(なじみ)になります。

「次は三年後になります、私、実は紺屋の職人で、三年前に花魁の姿を見てから一所懸命金を貯め、ようやく来ることができました。ですから次来ようと思えばまた三年働いてからでないと来られません」

これを聞いて高尾は久蔵の想いに、はらりと涙を流し、
「来年の三月十五日、年(期)が明けますので、あなたの女房にしてくんなまし」
と約束をします。。

「傾城(けいせい)に誠なしとは誰(た)が言うた」紺屋高尾の一席でございます。

三遊亭圓生~紺屋高尾

立川志の輔~紺屋高尾

立川談志~紺屋高尾【動画】

国本武春~浪曲 紺屋高尾【動画】


浪曲も味わい深いですね。

柳家花緑~紺屋高尾

 

三遊亭栄馬~紺屋高尾

桂歌丸~紺屋高尾

桂文朝~紺屋高尾

三遊亭圓楽~紺屋高尾

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in か~こ, 三遊亭圓楽, 三遊亭圓生, 桂歌丸, 立川志の輔, 立川談志, 立川談春 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

関連演目 "紺屋高尾~立川談春・三遊亭圓生・立川志の輔・立川談志・国本武春(浪曲)・柳家花緑・三遊亭栄馬・桂歌丸・桂文朝・三遊亭圓楽【動画】"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*