粗忽の使者(月並丁稚)~柳家小さん・桂ざこば・古今亭志ん朝・古今亭志ん生



粗忽の使者~五代目 柳家小さん

杉平柾目正の家臣、地武太治部右衛門(じぶたじぶえもん)は家中でも有名な粗忽者ですが、殿様はその粗忽さをおもしろがって重用しています。

この柾目正の親戚筋にあたる赤井御門守がこの噂を聞いて、機会があればこちらへよこしてもらいたいと柾目正に頼み、それも一興と治部右衛門に使者を命じます。

治部右衛門は張り切って馬にまたがりますが前後が逆。

さて御門守のお屋敷で応対に出た家老の田中三太夫、
「当家の家臣、田中三太夫と申す。お手前は」と訪ねますと、治部右衛門答えて、
「手前、当家の家臣 田中三太夫・・ではござらぬ・・」
と自分の名前も思い出せません。

ようやくのことで名前を述べますが「さてご用件は」と問われ・・

覚書

笑話本「軽口百登瓢箪」(元禄14年(1701年))の「そそうな寄合い」。
粗忽者の話の代表格として知られます。

月並丁稚~桂ざこば


上方にも尻をつねってもらうことで忘れたことを思い出すという、同じ原話から発想を得たものと思われる噺があり、粗忽な小僧が月並の釜(茶会)の日時を忘れ、番頭でも出入りの関取りでもダメ、騒ぎを聞いて入ってきたのは大工の棟梁。

粗忽の使者~古今亭志ん朝

粗忽の使者~古今亭志ん生

粗忽の使者~古今亭右朝

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in さ~そ, た~と, 古今亭志ん朝, 古今亭志ん生, 柳家小さん(五代目), 桂ざこば and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*