碁泥~柳家小さん・古今亭志ん朝・金原亭馬生【動画】



煙草盆が来てないぞ!

碁泥~柳家小さん【動画】

碁と煙草に目のない旦那二人。今日も碁敵が訪ねてきますが碁が打てないようになってしまったと断りを入れます。

家内から、いつも二人が碁を打っているところの畳が焼け焦げだらけになっているのを見せられ、碁は火の用心が悪いのでやめてくれと言われた。

何かよい案はないかと考え、碁は碁、煙草は煙草と分けて、一局打った後にゆっくり煙草を吸おうと決め、二人は碁盤に向かいます。

しかし、碁に熱中していくると「煙草盆が来てないぞ」と怒鳴ります。
妻は煙草盆に赤いカラス瓜を入れて火のように見せたものを女中に持たせます。

碁に夢中の二人は煙草に火を点けようとしても点くわけはない。それでも煙草が湿気ったかなと言いながら碁盤ばかり見つめています。
これなら安心だとおかみさんは女中を連れて湯へ出かけます。

そこへ入って来たのが一人の泥棒。目ぼしいものをさらって引上げようとしたところ、パチリと碁石の音が聞こえる。この泥棒が二人に輪をかけたような大の碁好き。いい盤石の音だ。どんな具合か見てみようと音のする方へ。

覚書

「笠碁」と並んで代表的な碁噺。

上方の「碁打盗人」を三代目の小さんが四代目桂文吾に教わって東京に移し、五代目柳家小さん、六代目柳橋が得意としていました。

碁泥~古今亭志ん朝

碁泥~春風亭柳橋

碁泥~金原亭馬生

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in か~こ, 古今亭志ん朝, 春風亭柳橋, 柳家小さん(五代目), 金原亭馬生 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*