王子の狐~柳家小さん・古今亭志ん朝他【動画】



人間にだまされちゃいけないよ 執念深いからね

柳家小さん~王子の狐

王子稲荷へ参詣した男、帰りに狐が年頃の女に化けるところを目撃します。

化かされる前に化かしてやろうと、「お玉さんじゃありませんか?」と声をかけ、一緒に扇屋という料理屋に入ります。

酒を飲ませてよい気分になったところ、少し頭が痛いと言い出した狐のお玉に、少し横になって休めばよくなると言い、寝入ったところで店にお土産を頼み、勘定は連れが払うからと言って帰ります。


家に帰った扇屋の旦那が、狐をぶっ殺してやろうと追い回したという店の者に、
「無銭飲食だってお客様だ。手荒な真似をしちゃいけないよ」と言い、
それが狐だったということがわかると、

「お前たちは誰のおかげでここで商売をさせてもらっていると思ってるんだ! お狐様はお稲荷様の遣い姫、せっかくいらしてくださったお狐さまを追い回すなんで誰が言い出したんだ!」と怒り、稲荷へお詫びに行きます。

また、男が土産を持っていった先も、祟りがあるといけないと断り、お詫びをしておいたほうがよいと男を諭します。

こういう感覚は、昔の人は皆持っていたもののような気がします。
八百万の神、すべてのものに魂が宿るという考え方が、日本独特の人情や規律を生み出したもとになっているのではないかと思います。

ちなみにこの扇屋は、現在も営業を続けていて五階建てのビルになっています。
噺に出てくる玉子焼きも健在です。

古今亭志ん朝~王子の狐

金原亭馬生 ~王子の狐

三遊亭円遊~王子の狐

古今亭志ん生~王子の狐

春風亭柳枝~王子の狐

三笑亭可楽(八代目)~王子の狐


こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in あ~お, 三笑亭可楽, 三遊亭圓楽, 三遊亭圓遊, 古今亭志ん朝, 古今亭志ん生, 春風亭柳枝, 柳家小さん(五代目), 金原亭馬生 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*