狐芝居・そってん芝居~桂吉朝【動画】



桂吉朝~狐芝居

旅の武士が茶屋で一服したあと、刀を忘れて戻ってきます。
茶屋の老夫婦はこれは武士の格好をしてタカリなどをやっているのだろうと思いますが、
大坂の芝居役者で武士の役がついたので武士の姿で旅をしていると言います。

さて、この役者が夜の山道にさしかかりますと、
「しゃぎり」(芝居の幕間の鳴り物)の音が聞こえ、覗いてみると忠臣蔵の四段目が始まるところ。
もとより好きな芝居、見入っておりますと田舎芝居とは思えない立派な判官。

しかし、判官が九寸五分を腹に突き立てても由良之助が出てきません。
このままではせっかくのよい芝居がダメになると居ても立ってもいられず舞台に飛び出します。

覚書

芝居噺については、芝居(歌舞伎)の素養と知識、修行がないと演じることができません。
いずれも上方落語の古い噺で、芝居の雰囲気をきっちりと表現できる表現力や台詞回しは吉兆の醍醐味でした。

現在、桂吉弥などが引き継いで演じています。

桂吉朝~そってん芝居

ある商家の旦那、堺の叔父が九死に一生の大病との使いがきて、見舞いに向かうために床屋を呼びます。
互いに大の芝居好き。「忠臣蔵」の話で盛り上がっている間に髪がたいへんなことに。。

なんとか結い直しますが、もう夕刻。
歩いては今晩のうちに着けないと駕籠を頼みますが、当時仕置き場であった飛田のあたりで追い剥ぎが出るというので応じるものがありません。

覚書

桂米朝が昭和11年頃に東京で下宿生活を送っていた頃初代桂小南に心酔しており、東京で小南の演じるこの噺を一度だけ聞いたものを、自分にはできないとこの噺を吉兆に託しました。
2004年に吉朝が戦後初めて高座にかけましたが、「しょーもない噺、これは廃れるわ」と吉兆がマクラで話しています。

2015年4月、桂吉坊が独演会の中でこの口演以後、初めて披露しました。
最大の見せ場は二分間にも及ぶ無言の髪結いの所作で、吉朝は日本舞踊のかつら専門店に尋ねて所作を練り上げたと言い、吉坊も専門店で所作を習ったということです。

ぜひ大切に引き継いでいってほしいものです。

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in か~こ, さ~そ, 桂吉朝 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

関連演目(2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*