死ぬなら今~林家正蔵・桂文我・滝川鯉昇【動画】



これでこの噺はおしまいなんです

死ぬなら今~林家正蔵【動画】

赤螺屋ケチ兵衛。人にもずいぶんひどいことをして、爪に灯りをともすようにして一代で財を成しましたが、寄る年波には勝てず床についてしまいます。

息子を枕元に呼び、私はずいぶんと非道いことをしてきて金儲けをしたので、死ねば地獄へ行くだろう。

そこでお前に頼みがある。人が死んだら死に装束の頭陀袋の中に六文銭を入れて、三途の川の渡し賃にするが、私の頭陀袋には小判を三百両入れてほしい。

息子がお安いことでございます承知しいたしましたと言いますと、ケチ兵衛は安心したと見えてそのまま往生します。

葬儀となり、息子が金を三百両を親父の頭陀袋に入れようとしますと、親戚の者が、いくら親父が「地獄の沙汰も金次第」と言っていたからといっても、天下の通用を埋めてしまうなんてことは良くない。

芝居の道具の小判はよくできていて本物と見分けがつかないから、とこれを手配しまして親父の頭陀袋に入れて葬儀を済ませます。

さて閻魔様の前に来たケチ兵衛。お前の罪状を見よと言うと、映画のように過去の悪いことが写ります。

閻魔は恐れ入ったかとケチ兵衛を睨みつける。ケチ兵衛はここだと思い、持っていた小判を閻魔の袖に放り込みます。

覚書

上方落語の「死ぬなら今」を、この彦六の正蔵が東京へ移しました。
急に素に戻って「この噺はこれでおしまいなんです」というのがなんとも可笑しい、考え落ちの代表格です。

死ぬなら今~桂文我(三代目)

死ぬなら今~滝川鯉昇

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in さ~そ, 林家正蔵(八代目・彦六の正蔵), 桂文我, 滝川鯉昇 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*