梅若禮三郎~三遊亭圓生



通し二時間 義賊梅若礼三郎と貞女おかのの人情噺

梅若禮三郎~三遊亭圓生

能役者の梅若礼三郎。芸に行き詰まりを感じて、世の中を太く短く生きようと貧乏人を助ける義賊になります。

神田鍋町の長屋に住む小間物屋の利兵衛は三年前から腰が抜けて今では身動きもできない。女房のおかのは昼は内職をし、夜は毎日浅草の観音様に利兵衛の病が治るように願掛けをすると言って、実は物乞いをして日々の食費を賄います。

ある日おかのは若い侍から小粒で九両二分という大金をもらいます。自分もまだ若い身、利兵衛にいらぬ疑いをかけられてもいけないと一両だけを取り出してあとは仏壇の引き出しに仕舞っておきます。

隣に住む魚屋の栄吉という遊び人がこの様子を壁の隙間から見ておりまして、翌日おかのが外へ出たのを見計らって仏壇から残っている八両二分の金を盗み出し、身なりを整えて吉原で馴染みの安女郎屋 池田屋というところで散財します。

揚げ代とは別に牛に一分、おばさんにも一分、女郎にも一分、皆に鰻の中串をといつもに似合わず金遣いが荒い。

池田屋の者が金を調べますと山形に三の刻印がついている。この金は芝伊皿子台町の金持ち三右衛門から盗まれた六百七十両でお布令の出ているもの。奉行所に届け出をしまして栄吉は見世を出たところでお縄となります。

覚書

七代目の土橋亭里う馬が「磯の白浪」または「朧の梅若」として高座にかけた時の記憶と円喬の速記を元に、圓生が昭和32年(1957年)にまとめ上げました。
上中下の三話の構成で、通しで二時間近くの大作です。

話の筋は「しじみ売り」に似た義賊の人情噺で、出典はあきらかではありませんが浪曲か講釈をもとにしてるものと思われます。

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in あ~お, 三遊亭圓生 and tagged , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*