桃太郎~桂米朝他【動画】



桂米朝~桃太郎

昔話の桃太郎。昔の子供はこういう話を親に聞かせてもらいながらいつしか眠りについたものですが、
最近ではそういうわけにはいきません。

ある家で父親が子供にも桃太郎の話を聞かせながら「早く寝ろ」と言います。
子供は寝ることと聞くことは両方できないと言いつつ、

この桃太郎の話、おじいさんとおばあさんとしてあるが、実は両親のこと。
おじいさんが山に行くのは、父親の恩は山よりも高く、おばあさんが洗濯に行くのは川となっているが、実は海のことであり、母親の恩は海よりも深いということを表わしている。

犬は三日飼われたら3年恩を忘れない「仁」を持ち、猿は人間を除けば最も智慧のある動物。キジは蛇に卵が狙われると、自分の身体を巻かせて十分に巻かせたところでこれを弾いてしまう勇気を持っており、この三匹で「智」「仁」「勇」という三つの徳を表している。

鬼ヶ島というのは世間を表し・・・

覚書

短い噺なので、座敷や独演会などでマクラとして語られたりもしますが、総じて演じ手のない噺です。

柳亭痴楽~桃太郎

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in ま~も, 桂米朝 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*