東の旅(伊勢参宮神乃賑)~桂米朝他【動画】



大坂から奈良を越えて伊勢参り 大津へ出て京都から大坂に戻る壮大な連作

桂米朝~発端・煮売屋・七度狐

大坂から奈良を通り、伊勢参りに向かう喜六と清八。
腹が減ったと、峠にある煮売屋に立ち寄ります。

村雨、庭さめ、じきさめなど変な酒しかなく、どじょう汁を頼めば女房に町へ味噌を買いに行け、ワシはどじょうを獲りに行くという亭主。

頭にきた二人は手近にあった「イカの木の芽和え」を失敬し、食べ終わるとすり鉢を草むらへ投げ入れます。

この鉢が狐の頭に当たります。この狐が一度人に仇されると七回騙して返すという、七度狐。
「クスンクスン、悪い奴な。おのれ憎いは二人の旅人。人の物を盗み食ろうばかりか、ようも稲荷のお遣わしたる、狐に物を投げつけたな。思い知らさん、今に見よ」と浄瑠璃口調で復讐を誓います。

覚書

「東の旅」正式な名称は「伊勢参宮神乃賑(いせじんぐうかみのにぎわい)という旅話。

大坂からくらがり峠を超えて奈良、奈良から伊勢でお参りをすませ、鈴鹿峠を超えて大津、京都へ出て伏見から三十石船で大坂へ帰ってくるという壮大な旅話です。

昔は何日にも分けて公演されたのでしょうが、現在最も多く演じられるのは、奈良から伊勢へ向かうあたりでの煮売屋と七度狐の段を合わせた「七度狐」が上方で、

伊勢から少しだけ北へ上がった明星で、主人公の喜六と清八に源兵衛が加わって女郎買いをする「三人旅」(三人旅浮之尼買)は、東京でよく演じられ、圓生や柳家小さんなどもよく高座にかけていました。

七度狐につづく「長者番付」(うんつく酒)、最後に京都から大坂へ向かう「三十石夢乃通路」あたりが、ごく稀に演じられています。

下に旅の流れに沿ってピックアップしてみました。

それぞれをクリックすると再生されますが、一番上、米朝の「煮売屋・七度狐」が終わると順々に再生されるようにしていますので、ゆっくりした時間にじっくりとお聞きください。

三遊亭百生~奈良名所 11:53


旅は奈良に入ります。

大仏の目

奈良名所でサゲに使われる小噺です。
大仏の眼が中に落ちてしまい、子供が目から大仏の中に入って中から目をはめて直します。
さて、直した子供がどうやって出てくるかと皆が心配していたところ、鼻の穴から出てきます。
賢い子だ、目から鼻へ抜けた。

野辺

野辺へ出てきますと、伊勢参りからの帰りらしい陽気な一行とすれ違います。

柳家小さん~長者番付(うんつく酒)27:32


里へ降りてきて造り酒屋で酒を買おうとしますが、一升二升では売れないと言う主人。
このウンツクめ、ドンツクめと悪態をつきます。

主人は職人に戸を締めさせ、二人の周りを職人に取り囲ませて、酒は呑ませるが、さっきのウンツク、ドンツクとはどういう意味だ?、ワシが納得できる説明をしないとここから出さない、と脅します。

がまの油(法会)

村の鎮守の法会(ほうえ)に参加することに。
露天でがまの油を売っています。
現在は独立した噺として演者も多数。
こちらにまとめましたのでごゆっくりどうぞ

桂米朝~もぎどり・軽業 27:37


インチキ見世物小屋に入りひどい目に合う「もぎどり」。呼び込みの口上が実に見事です。
軽業の舞台を見学します。扇子と指で軽業の様子を見せるのですが音声のみなので残念です。。

桂文枝~軽業講釈25:15


軽業の隣では講釈をやっています。
しかし、軽業の囃子がうるさく講釈師は苦情を言い、また最初から始めますが・・・。

鯉津栄之助

大和三本松の鹿高の関。
「こいつぁええ」と言う言葉が領主の倅の名に似ていることから使用を禁じられています。
喜六はその禁句を言ってしまったことから、、

三遊亭圓生(三人旅浮之尼買)


旅は少しだけ北に進み、喜六と清八に源兵衛が加わって三人で女郎買いをしますが、喜六の相手は尼さんで・・・
圓生の出番です。1時間9分たっぷりお楽しみください。

間の山お杉お玉

伊勢の「間の山」にいた女芸人に、仙台だけで通用していた「仙臺通寳」(仙台銭)を投げたことから、、

宮巡り

伊勢神宮の名所を巡ります。桂文我(4代目)が復活させていますが今まで聞く機会がありません。

桂九雀~軽石屁22:33


旅は鈴鹿峠にかかります。
足が痛いという喜六に清八が籠屋と交渉します。
清八は越後のちりめん問屋の旦那になりすまし、一人駕籠に乗り込んで駕籠賃も喜六に払わせてしまいます。
残された喜六、清八への仕返しを企てます。

これこれ博打

賭場に入った二人、大負けして身ぐるみまで剥がれます。
神様のふりや、盗人に会ったふりなどしながら食べ物を確保します。

高宮川天狗酒盛

多賀大社(滋賀県犬上郡多賀町)に向かう道中で盗人の一味に出会います。

桂米朝~矢橋船 24:53


近江矢橋から大津まで船で渡ります。
平家の秘宝「小烏丸」という名刀を探す侍二人との話になります。

桂吉朝~宿屋町 21:02


大津に到着し、宿をとることにします。
客引きの女と喜六と清八のやりとりが楽しい噺です。

桂枝雀~こぶ弁慶 42:46


宿屋の壁土を食べた男。
壁の中に塗りこめられていた大津絵の武蔵坊弁慶に憑依されて・・

走り餅

逢坂の関(滋賀県大津市大谷町)で乞食に絡まれている侍を助けます。
お礼に東海道名物の「走り餅」をおごってもらうが、侍は突然しゃっくりが止まらなくなります。

笑福亭松鶴~三十石夢乃通路 44:01


旅も終盤、伏見から大坂三軒茶屋へ向かいます。
大トリは松鶴。晩年脳溢血で呂律が回らなくなってしまいましたが、それでも語り続けました。迫力は抜群。貴重な音源です。

三遊亭圓生~三十石


同じく三十石を圓生で。
江戸落語の名人ですが、幼少の頃を大阪で暮らしたこともあり、関西弁も上手いし、舟歌も聞き入ってしまいます。

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in あ~お, は~ほ, 三遊亭圓生, 三遊亭百生, 柳家小さん(五代目), 桂九雀, 桂吉朝, 桂文枝(四代目), 桂枝雀, 桂米朝, 笑福亭松鶴 and tagged , , , , , , . Bookmark the permalink.

関連演目(2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*