本能寺~桂米朝・露の五郎【動画】



桂米朝~本能寺【動画】


素人芝居の「三日太平記」。
武智光秀(明智光秀)が主君小田春永(織田信長)に謀反を起こした本能寺の場面が描かれます。

客席を鎮めるために出てきた坊主が引くと、本能寺に光秀と春永の対談、激高した春永が蘭丸に命じて鉄扇で打たせ、光秀の額を割る「額割り」から、春永討死の場。森蘭丸の大立ち回りまでを演じます。


桂米朝が初代桂小春団治から伝授してもらって復活させた芝居噺です。
歌舞伎のダイジェストを見せるもので、演者に歌舞伎の素養がなければ見ていられない難しい噺です。

落語は聴くものですが、芝居噺だけは仕草が醍醐味で、上方の芝居噺は扇子、手拭、見台とお囃子だけで歌舞伎を表現します。

マクラで歌舞伎のさまざまな型の解説、手ぬぐいの幕引き、扇子の回り舞台、そしてクライマックスでのイナゴ。どれをとっても見事としか言いようがありません。

この噺をまた魅せてくれる落語家が現れることを切に願います。

露の五郎~本能寺【動画】


露の五郎も芝居や俄といった芸に精通していました。
仕草や見得も、自分が回って回り舞台を表現しているのも見モノです。

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in は~ほ, 桂米朝, 露の五郎兵衛 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*