星野屋~桂文珍・古今亭志ん生・桂文楽



死んで花実が咲くものか

星野屋~桂文珍


星野屋の旦那、水茶屋で馴染みのお花に大事な話がある、今日限り私と別れてもらいたいと言い出し、手切れ金二十両を差し出します。

お花は、こんな金がほしくて世話になっていたのではない、お前さんに心底惚れていたからこそ。別れるくらいなら死んでしまいます、と言います。

旦那は、他に女ができたというようなことではない。最近景気が悪く店が人手にわたることになった。自分もこの歳で一からやり直すということもできない、お花、よいことを言うてくれた。一緒に死のうと言い出します。

お花には毛頭そんな気はありません。旦那が帰ったあと、どうしようと母親に相談をします。

覚書

心中をもちかけて女の心根を試す噺は「辰巳の辻占」などもありますが、女のほうが一枚上手。
別れるなら死んでしまいますと言った女に、では一緒に死のうともちかけると、なんとか逃れようと算段しはじめます。

当時の水茶屋は、人通りの多い通りや参詣人の多い寺社の付近で給仕の「看板娘」を競い合っていました。

看板娘として人気の高かったおせん(谷中笠森稲荷鍵屋)、おきた(浅草随身門前難波屋)、おひさ(薬研堀高島)などは、一枚絵が売り出されるなどアイドル的な存在でもありました。

客が座ると茶と茶菓子を出し、客は五十文程度を置くというちょっとした休憩所として使われるのが通常でしたが、女が酌婦として、また金次第で客の相手をしたり妾になったりという風俗的な店が増えてきたため、幕府は水茶屋に若い娘を置くことを禁止し、、天保の改革では水茶屋に商売替えをするようお触れが出て衰退していくことになります。

星野屋~古今亭志ん生


江戸落語では妻にお花のことがばれて別れることを約束させられた設定で始まります。

実際に浅草にあった水茶屋「桜木」が舞台。お花も実在の人物で、歌舞伎の「盲長屋梅加賀鳶」にも登場します。

星野屋~桂文楽

星野屋~三遊亭圓楽

星野屋~春風亭小朝

こちらも合わせてたっぷりどうぞ





This entry was posted in は~ほ, 三遊亭圓楽, 古今亭志ん生, 春風亭小朝, 桂文楽, 桂文珍 and tagged , , . Bookmark the permalink.

関連演目 "星野屋~桂文珍・古今亭志ん生・桂文楽"

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*